« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月28日 (月)

社労士さん、登場!

社労士さん、登場!

・・って、実姉だけど(笑)

今まで意識していなかったのだが、

身内に税理士と社労士いるって、事務所を運営する上では

めちゃくちゃ恵まれた環境かもしれない。

「餅は餅屋」で相談していると目から鱗、の事柄が次々。

事務所の規約や契約書関係も作ってもらうことになった。

「はい、じゃ、相談料30分5000円で、合計一万円になます」(by実姉)

・・ぬわに?!妹からも料金取るわけ~?!

「そうよ~、あたりまえじゃない♪」

38資格ホルダー、恐るべし・・・。

| コメント (0)

2005年11月26日 (土)

税理士さん、登場!

昨日は姫路から税理士さんに来てもらった。

・・って、井戸父だけど(笑)

しかし。

我が事務所の会計は度重なる選挙や引越しが続いたこともあり赤字続き・・来年にはなんとかプラスマイナスゼロ、にしたい。

この間の近畿6府県議員フォーラムでも話題になったが、

地方議員の場合、活動すればするほど赤字になり、

生活自体を脅かすようになるから、

結果、自己防衛?として「何もしない」議員が多く出てしまうことになる。

「引退を決めたら最後の期の4年は政治活動は何もせずに蓄財しないと、老後が不安」と言う人もいるけど、

ホント、構造的な問題=だからこそ人材がそろわない・・ということだよな、これは。

誰かがどこかでキチンと言っていかないといけないんだろうな。

構造・・といえば、姉葉の事件・・本当にひどい話だ。

しかしこれも、氷山の一角なんだろうと思うと怖い。

誰もが人のせいに出来る状況と言うのも・・・そこでこそ、行政の対応が問われる。

| コメント (0)

2005年11月24日 (木)

チャンスも平等、ピンチも平等

いやはや。

思いもかけないこと
・・・ってことって、起こるモンなんですよね~。

昨日は京都府議会で「近畿6府県議会会議」があって、
他の議員さん7名とともに兵庫県議会から「県議会バス」に同乗して会場に向かった訳なんだけど。

紅葉の京都はもちろん道が混んでいて、「こりゃ、帰りは大変かも」なんて思っていました。

・・って。
ホントにかかりました。
通常1時間半の道のりが・・・・
「8時間」!!!!!!
家に戻れたのは夜中の2時を回っていました(涙)

原因は・・もちろん「事故」。
5台の玉突き事故で、高速は封鎖。
京都南インターから、大山崎まで(1ノリグチ分)が6時間半以上かかったのだった。

ふう。

人生じゃなあ。

思いもがけないことは、いくらでも降ってくる。

仕事の部分から言っても、そんなことは日常茶飯事である。

「無投票だと思ってたら、県連幹部の女性が出てさあ」(某県議会議員)とか、
「政党の離合集散で支持してもらっていた衆議院議員と袂をわかつことになって、もう大変」とか、
8時間の間に、他の議員の方々と「思いもがけなかった」話で盛り上がった(笑)
まっ、ホント「いろいろあらあねえ」である。

人生はイレギュラー。
そういう覚悟は、誰にでも、常に必要なんだろうな。
Qちゃんの言うように誰にでも「チャンス」も与えられているけど、
ワタクシは同時に誰もが「ピンチ」も与えられているような気がする。

そんなとき、どうするか。どう思うか。

どんなことがあっても「あれ以上に悪い状況にはないよな」と
過去の苦悩の歴史を振り返られる自分がいることに、びっくりもする。
若いときの苦労は、買ってでも・・・?若い?ん??

・・あと1ヶ月余りで「40歳」っつーことを、急に思い出したよ(笑)

| コメント (0)

2005年11月17日 (木)

めまぐるしすぎ・・・

気がつくと、あっという間に3日くらい飛んでいる、といった感じである。

車上荒らしの件は既に書いたが、

おとといは事務所の前で駐車違反を切られ、これでここ1,2ヶ月の間に「県警にお世話3連発」ということに・・(涙)

さて。先週からのワタクシはといえば、県政報告頒布のため朝の駅頭を再開し、おなじみの皆さんと挨拶を交わす日々が続いている。

12日(土)は本山第一小学校音楽会。

13日(日)は神戸で「震災と女性」シンポジウム。「性を語る会」の北沢杏子さんらがパネラーで、非常に勉強になった。

震災の避難所での女性・子どもシェルターを準備しておかなければならないとつくづく。保育所にその機能を備えさせるということは出来るかも・・などと提言をいくつか思いついた。

14日(月)は知事への予算要望→会派の「介護保険」に関する勉強会→民主党所属県会議員の会議→神戸市の予算要望に関する説明会・・で、レクチャー続き。警察(特に防犯!)関連、神戸空港の海上アクセスについて質問する。

ワタクシは選んでいただいた以上、必ず質問をすることにしている。

もちろんくだらないことを質問しても仕方がないので、●「自分が体験したこと」=机上の空論は話さない●「専門分野」=役人の人に負けない知識があること・・に関して話すことを心がけている。

15日(火)東京女子大学同窓会芦屋支部最寄会。

先輩方にお会いすると実家に帰ったような気がする。

16日(水)は健康生活常任委員会。アトピーの話、親育て講座関連で「養育力が不足している親」なる記述につき、「誰が」「どこで」この親は養育力が不足していると判断するのかを問う。

こういう表現、一歩間違うと、めちゃくちゃ失礼・・で、一生懸命子どもたちを育てている親ががっくりくるよね。

インフルエンザワクチンが兵庫県では11万人分備蓄がある、ということが判明し、ちょっとほっとする。本来は46万人分必要だそうが、それには15億円かかる・・・。

夜歯医者→りかの新体操送迎。

17日(木)、午前中NPO法人芦屋ずーす・はうす打ち合わせで、ドクターKと。

午後議員団総会。その後保育所待機児童問題につき当局から説明を受ける予定。

夜は第一回目の「十五夜会」。

講師は白鶴大石工場長の深町さん。利き酒もあり、楽しい会になりそう!!地域の皆さんが参加してくれるこうした会を大切にしていきたい。

ということで、事務所一角にはバーカウンター(立ち呑みスペース)が設置され、ちーままイワサキと、看板娘のシオタニがお待ちしていま~す!

| コメント (0)

2005年11月12日 (土)

兵庫県議会では、委員会ごとに視察を行っていて、その内訳は「管内調査」と「管外調査」に分けられる。

「管内調査」は兵庫県内を回るもので、途中各県民局に立ち寄り説明を受ける。

「阪神」「西播」等々1年間で県内すべての地区を回るように予定が組まれるのだ。

一方「管外調査」は委員長が中心になって、県外の先進地を選定。

今回は

●周産期・小児救急 「長野県立こども病院」

●健康長寿の社会作り「長野県庁」

●健康医療福祉の複合施設「ケアポートみまき」

●子育て支援「横浜市会」

●地球環境対策「海洋研究開発機構」

●水素・燃料電池実証プロジェクト「JHFCパーク」

を回る2泊3日の視察であった。

行きは伊丹空港から信州・まつもと空港、帰りは羽田→伊丹の空の旅立ったわけだが・・・・行きのプロペラ機がめちゃくちゃ揺れて、思い出すと今でも酔いそうである(笑)

前にも書いたが、一般的に議員の「視察」は、観光旅行かいな、という批判もあり、ワタクシもそう思ってきた。

しかし、マジメな議員にとっては、絶好の勉強の機会であり、

税金を使って行かせてもらう以上、ワタクシは予習・復習を自らに課すのは当然と思って臨んでいる。

・・という議員がほとんどである、と思いたい。

横浜では、ますだBさんが子どもを寝かせてから宿泊先まで来てくれて、

午後9時半から12時半まで3時間ノンストップでしゃべり倒した!

やっぱりさ、価値観=人生観が同じ(方向を向いている)って・・本当に「なごむ」わあ。

・・で、無事神戸に帰ってきて、

3日ぶりに車を運転しようと思ったら・・・

ん?鍵が開いているぞ。

・・・・・・・・・車上荒らし、じゃ!!

ってことで、またまた東灘警察署のお世話になり、指紋採取。

はあ。

小銭やCDがなくなっていたわけなんだけど、

それより「惜しい」のは、「時間」を失うこと。

お願いだから、もう、狙わんとって~!

| コメント (0)

2005年11月11日 (金)

イナズマな日々

今週は火曜日~木曜日までが、県議会健康生活委員会の視察で県外。

兵庫→長野→横浜という、

通常ツアーでは絶対に組めないルーティングであった。

長野では前回の浅野知事に続いて、生田中康夫知事が登場。

総ページ数300?ぐらいある資料をドバドバくれる。名刺も一人に5枚ずつの大盤振る舞い。

この経費は長野県民の税金から出ているのであろうか?と思うと、ちょっと複雑だよ、木内君。(同期の長野県議会議員)

4年ぶりに「善光寺参り」。

・・・と、書いたところで、子どもの圧力に負け、更新を一時中断します。

ますだBさんとのイナズマトークとか、書きたいこと満載なんだけどな・・・

兵庫に戻ってからの「ドンデン返し」も含めて、乞うご期待!

| コメント (0)

2005年11月 6日 (日)

浅野宮城県知事&24時間保育所

11月に入り、仕事的は充実の日々を送っている。
1日(火)は県庁にて県民局との地域政策会議。
2日(水)には県政報告ビラが出来上がり発送の準備等。
3日(木)の文化の日には岡本公会堂での岡本交友会「住民が語る岡本の戦後60年」講演会。
4日(金)も県政報告ビラ関連。

そして5日(土)。
我が故郷「宮城県」の集まりである「関西宮城県人会」総会&懇親会へ。
ぬわんと、あと2週間ほどで退任する浅野史郎知事も出席!で、
ご挨拶をさせていただいた。(この会のためだけに、仙台から飛んできたそう)
しかし、浅野知事・・西宮選出の筒井県議に(カラオケで歌う姿も)そっくりで笑ったぞ(笑)

地元マスコミの河北新報、東北放送の方々もいらしており、
兵庫の観光戦略として東北攻めをするのもひとつだと思っている私としては、とても有意義な時間を過ごさせていただいた。

地元有力企業のカメイさんには福引で当たった「牛タンカレー」のほか、「5児の母特典」として、北新地に新規オープンするジンギスカン料理の無料券を人数分頂いた。
感謝でございますぅ!!

お隣に座った方が偶然?本山北町お住まいのご近所さんで、
「井戸さんのプロフィール見たら仙台出身って書いてあったから、
この会に誘おうかと思っていたんですよ」と!

ふるさとはあったかいよね!

夕方から、元町にて
民主党兵庫県第1区の衆議院選挙総括。石井前代議士もますますお元気でよかった!

夫が出張中だったため、下の2人を24時間保育所に預けて出席した。
この日、総括よりもワタクシがよかったと思ったことは、
「乗せて~」と東灘区から同乗してきたよこはた和幸市会議員に24時間保育所の現状を期せずして見てもらうことが出来たことだ。
「・・・・・・」(byよこはた市議)
異年齢の子どもたち15~20人をたった2人の保育士さんだけでさばく様子に、よこはた市議は言葉もなかったよね。

今日もお泊りなのか、保育士さんの罵倒の声が響く中、パジャマ姿で布団を引く子どもたちの姿はけなげである。

行政が保育を福祉というのあれば、本当に救わなければならないこどもたちはここにいる、のだ!

この現状、絶対変えなきゃあかん!!!
よこはた市議、がんばろうね!!!

| コメント (0)

2005年11月 4日 (金)

「やっと会えたね」?!

ますだBさんのご努力により、この「日誌」がブログに進化いたしました。

ありがとー!!!

神戸市長選挙があったために、政治活動用のHPの更新を控えておりましたが、近況はプライベート日記の方に記しておりましたので、そちらの方をご覧になってくださっていた方もいらっしゃるかも。

ここ最近は「県政報告」の作成と郵送準備、地方分権関連&発達障害児対策に関しての勉強とヒアリングなどに費やしておりました。

事務所の方はイワサキ嬢&高砂娘が守ってくれており、

また、ひょっこり覗いてくださる方々にも感謝でございます!

事務所近辺を歩いていると、「おっ!井戸まさえや~」と小学生、中学生のみんなから声がかかって、おばさんはうれしいよ!

・・・と、書いていると頭の後ろが大変なことに・・・。

やっぱり幼児2人をおんぶして(という芸当をしつつ)書くのは無理ってことだわな。5児の母はブログの書き込みは昼のうちにしないとダメですよね(涙)

実は夫が大阪・京都・兵庫の各知事とともに中国出張中で・・。

ちなみに井戸知事からは「やっと会えたね!」と言われたそう(笑)

(↑新宮町井戸一族の再会)

| コメント (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »