« 2006年1月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月24日 (月)

それぞれの週末

こどもたちの成長にしたがって、今まで一緒に過ごしてきた「週末」が別行動ということが多くなってきた。

例えばこの日曜日は

勉強?(そういちろう)

野球(けいじろう)

新体操クラブ交流会(りか)

保育関連勉強会(ワタクシ)

みごとといなせはパパと動物園~。

Inamigojpg

保育問題勉強会はなかなか面白かった。その後お母さん、お父さんたちとの「昼食会」でのイナズマトークでも白熱した議論が~!

楽しゅうございました!

| コメント (0)

2006年4月21日 (金)

簡単なこと

トップページの写真を変えねば~、と思いながら、早10ヶ月・・・

カメラから取り込む作業がなかなか出来なくって・・と思っていたら、

パソコンにSDカードの差込口を発見!・・やってみれば、あまりに簡単な作業だった・・。

Kanjpgjpg ってことで、これを入れました~。

菅ご夫妻と。

Renhojpg

2人合わせて7児の母

蓮ほう参議院議員(双子のお母さん)

さて、今日は「十五夜会」。午後6時半~開催。

芦屋大学の浜本宏教授の「国際法上に見るタバコ規制に関して」です。

皆様のお越しをお待ち申し上げておりま~す!

| コメント (0)

2006年4月15日 (土)

東京に行っておりました

木、金と東京に行っておりました。

三重県主催の「都道府県議会改革」の勉強会。
案内を見ると場所が「会議室」だったりするので、
「小規模な会かも~」「兵庫県会から行くのはワタクシだけだったら、どうしよう」と心配していたのだが、
会場に行ってびっくり。全国から300人近い「県会議員」が勢ぞろいで、我が県議会からも6人(自民3・公明1・新社会1、ワタクシ)が参加した。
今回は「県議会提案の条例案」をキーノートに
議会と知事との関係、憲法との兼ね合い等を勉強した。
なかなか濃い内容だったと思う。

会場で都議会民主党政調会長の柿沢都議、
「談合政治にNO!」つながりの花輪都議と再会。
片山知事の下で地方政治をリードする鳥取県の県議さんたちとも話が出来て面白かった。

夕方からは市村浩一郎代議士と中国大使館関係者の皆さんと。
これもめちゃくちゃ面白かった。
「中国脅威論」から「一人っ子政策」まで幅広い議論が出来た!

途中から「我が妹(笑)」松下玲子都議も加わり、「民工」問題等労働関連も盛り上がった。

その後、衆議院議員の皆様と。
元俳優横光代議士、9ヶ月児を抱える高井美穂代議士、
たむけん代議士、泉ケンタ代議士等とお話が出来てうれしかった。
そこに「前」衆議院議員本多平直氏も加わり、ヒートアップ~?!

民主党の再生に向けて、国会の若手も「やる気」、ホンキのオーラバリバリである。

ワタクシも松下嬢も大いに刺激を受け、

帰りに客のまばらな喫茶店で二人でウインナー珈琲を飲んで語らっていたら・・

ぬわんと、そこには「スピリチュアル江原氏」が・・

これぞ「オーラの泉」だあ~!

| コメント (0)

2006年4月 9日 (日)

お久しぶりです

すっかりご無沙汰してしまい申し訳ございません。

2月3月は一般質問と予算委員会の質問作成等で、

高校3年生の受験勉強以来、机に向かいっぱなしの日々でした。

一般質問では

「格差社会」への不安が広がる中での子育てへの経済的支援。

早期発見が何より重要と言われるのに対し、対応できる児童精神科医が全県で10人にも満たないと言われる発達障害児関連施策。

またライフワークである(と、言ったら職員の方が苦笑いしていましたが)地域整備事業の問題。(不明瞭な会計システムが、事業の効率化を阻み、市民の不信を産むことにはもっと敏感に、迅速に対応しなければならないと思います)

DV被害者へのワンストップサービスや震災時における子どもや女性の安全施策についても質問しました。

これに加えて予算委員会では、

ニート問題(自分で言うのもなんですが、この問題については兵庫県議会では最も詳しい議員の一人だとと思う)、観光施策、警察関連では「初動調査」「子ども100当番の家」、教育委員会では「就学援助」がらみで、中学校のお弁当の問題を取り上げました。給食未実施地域は、実施地域が当然受け取っている補助を受けられない!親の経済格差が広がる中で、全国では7割が給食を実施しているのに、兵庫県では4割・・。給食の実施主体は「市町」ですが、同じ県内で西宮市はもらえるけど、一番「就学援助受給者」が多い神戸市、尼崎市が「給食費援助」を受け取れていない現実はなんとかしなければなりませんです。広域自治体だからこそ言わなければならないと思っています。

質問に関しては近々アップをいたしますので、お時間があるときにぜひとも読んでいただきたいと思います。

少し時間があいた間に民主党では代表交代・・前原さんが実力を発揮する前に退陣したことは残念ですが、小沢代表のリーダーシップに期待をしたいと思います。

小泉改革のゆがみを是正できるのは、やはり市民の立場に立った民主党!との気概を持って、地方自治の現場から頑張ります!

| コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年5月 »