« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

陣痛、遠のく?

解散総選挙の日程が、当初言われていた11月中から遠のいた、との報道。

新聞社からコメントを求められたが、

ワタクシにとっては、準備の期間ができることは逆にありがたいので、その旨話した。

しかし。

来る、来る、と言って、ふうーっと遠のく。

これって何かに似ている、と思ったら・・・「陣痛」である。

そうそうこの感覚。

「いつ産まれるの?」「まだ?」と聞かれるし、本人もそれなりにプレッシャーは感じているもの、

やっといい「陣痛」が来たかと思うと、また「平常」に戻る。

・・・しかし。

一度「陣痛」が来た、ということは、お産はすでに始まっており、

ここで気を抜かず、いい意味での緊張感を保って体力、気力のペース杯分をしておかないと最後の瞬間に阿鼻叫喚、となるわけであーる。

陣痛が遠のき、入院していた産院から「お宅に帰って、様子見てください」と言われたような感じだけど、不思議に焦りもない。

出産の経験がこんなところで生きるとは、だなあ(笑)

今やるべきことをしっかり、がんばろう!

| コメント (0)

2008年10月21日 (火)

公認されました!

昨日、突如民主党本部からお呼びだし。

小沢一郎代表が面談したい、とのこと。

すわっ、運動量が足りていないのか?怒られることを覚悟の上で上京。

なんと2次公認に入れていただいていたのだった。

ワタクシの場合、公認内定されたのもついこの間。

実際、一緒に公認内定された人々の中でも異例の公認となったとのことを聞かされた。

ありがたい。

これも、一緒に頑張ってくれている兵庫一区の地方議員の方々はじめ、県連、また有権者の皆様のおかげである。

小沢代表と初めて目を合わせて、話した。

代表、まばたき、なし。眼力・・凄いぞ。

明日からの活動、また気合いを入れなおしてがんばります!

| コメント (0)

2008年10月19日 (日)

最高の研修?

先日から、松下政経塾の29期生の西田くんが、「先輩事務所研修」で来てくれている。

29期生、ということは、

ワタクシとは20年の差!

ワタクシの「先輩事務所研修」は、熊本の香山祥一先輩&東京の松原仁先輩のところだったのだが、

今思えば、今も使える「知識」&「実践」をとことんたたきこまれ、

実際最も学んだのが、この研修であったと思っている。

なので。

西田君にもアリとあらゆることを体験してもらいたいと思っている。

・・と。

思いもがけず、すごーい場面に次々出くわすことなり。

濃すぎるのではないかと心配になるほどである。

さて。

衆議院選がいつあるか、が微妙な中で、いつものごとく、怪文書系やパクリものなどが横行し(笑)

そういうものも含め、

「これ、もらっていっていいですか?」という西田君。

どーぞ、どーぞ。

「人間を知る」という松下幸之助の教えの実践のためには、こういう資料は重要だよん。

将来の、裁判資料&証拠にもなるしね。

昨日は、党本部から3人の女性参議院議員 神本議員、吉川議員、谷岡先生が神戸に来てくださった。

神本先生の演説を聴いていて、涙が出た。

国交省や、厚生労働省であまりの対応をされた陳情団が、傷心のままたどり着いた参議院議員会館で、翌日の委員会の質問つくりをしていた神本先生が、ワタクシたちの必死の思いを組んでくださり質問をしてくださったおかげで、偽装ラブホテル問題は大きな進展をみせた。

先生が取り上げてくださらなかったら、今の進展はない。

また無戸籍の問題もそう。

結局、ハートに響いて動いてくれる議員の存在こそが、市民生活を守ることに直結するのである。

女性が国政に挑戦することの困難さと、それへの対処の秘策も伺った。

めちゃ勉強になる。

女の逆襲は怖いで~!(笑)

| コメント (0)

2008年10月16日 (木)

やってて、よかったこと

めちゃ、しんどい。

無戸籍関連の支援をしていると、時折、そう感じることがある。

だが。

昨日、一本の電話がかかってきて、

「来週、中絶手術の予約を取っているのですが、

どうしても決心がつかなくて」。

生まれた子どもに人生の最初からハンディを背負わせてしまうことが、とても不安だという。

「そんなことない!大丈夫。なんとしてでも、私たちもがんばるから。古い法律の犠牲になることなんかない!同じ思いをしている仲間もいるから」(byワタクシ)

祈る気持ちで電話を切る。

ほどなく再び、電話がなる。

「産むことに決めました。ありがとうございます」。

よかった。本当によかった。

折しも、7月に一斉調停をしていたメンバーが、続々と戸籍を取得している。

審判が出た日、出生届が受理された日、節目節目で、みな報告してくれると同時に、審判等の資料も送ってくれ、「次に役立ててください」。

ありがたい。

その中で、とてもすばらしい審判書があった。

審判には裁判官の力量?も出るのだが、772条の意義や、彼らの申し立てが子どもの福祉の実現のためのものであることなど、理路整然と書かれており、しかしその行間には子どもへの愛情とともにこうした問題にぶち当たった親たちへの配慮が満ちたすばらしいものであった。

理解者を増やしていくことは、簡単ではないが、その積み重ねが一つの命を救うことになるのだ。

がんばろうと思う。

| コメント (0)

2008年10月14日 (火)

デンマンブラシ 第2号

18歳。

大学に入学して、はじめて買ったもの。

それはゲルマン魂がこもった「デンマンブラシ」。500円であった。

以来、私の手荒いブローにも、ドライヤーの熱にも負けず、びくともしなかった。

数々の引っ越しの折にもこれだけは肌身離さず。

しかし・・先日、何の前触れもなく、突然、パッカリとブラシと柄の部分が割れた。

聖子ちゃんカットも、ワンレグも、カーリーヘアーも、ありとあらゆる髪型とともに25年。

御苦労さま、と思うと同時に、ひそかに「物持ち」のよい自分にも関心したのであった。

で。

中央区の事務所は鯉川筋にあるのだが、ふとふらっと道を歩いていたら、「美容用品専門店」の看板が。

恐る恐る「デンマンブラシ、ありますか?」と聞いたら、

「めちゃ、長持ちするのあるで~」。

人生で第2号目のデンマン、ゲット。

色気のない茶色から、今度はピンク&パープルじゃ。

25年、いや、40年ぐらいは持たせたいぜ。

| コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

イナズマ~

イナズマな日々が続く。

先日なんぞやっと事務所の引っ越しが済んでほっとした瞬間、

Y市会議員が床にむき出していた水道の管を踏み、事務所はいきなり噴水状態に。

あ、ありえない。

しかも、夜中の12時近く。

「水のトラブル 110番」に電話したよね(涙)

ドラマでもありえない設定だわ。こんなこと。

しかし。

急に公認予定が決まった人々は、みんな同じように党やら選管やらマスコミ調査票の怒涛のような「紙攻撃」に追われているのだろうと思うと、短期決戦の大変さをつくづく。

解散が延びて、ある意味、きちんと政策を訴える時間が持てることは、とても助かる。

先日は郵政関連の勉強会に参加し、「分社化ロス」について、いろいろ伺う。結局、顧客の利便性向上につながっていないこと、分社化のモデルが経営基盤の強化にならないことなど。結局「郵政改革」とはなんであったのだろうか。

一昨日は菅直人代表代行が神戸入りし、大丸前で大演説会。

菅さんは演説の中で、息子さんやわが妹分松下玲子都議とのつながりの話題も。しかし、午前中予算員会をこなして、午後には神戸。すごいパワー。

おばさま方からの人気もすごかった。

会合系にも呼ばれることが多くなり、

昨日は、いつもお世話になっている方のご紹介での会合。

ぬわんと、保育所でご一緒だったお母さんが登場してびっくり。人のつながりとは本当に不思議だ。

県議会の裏側などをお話しさせていただいたのだが、意識の高い市民との時間で、心まで洗われる。

ってことで。

がんばってまっす。

| コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

がんばります!

あまりの急展開。

ちょうど2週間前に党本部からの決定を聞き、そこからは目も回る忙しさで、手続き関連をこなす。

民主党兵庫1区総支部の議員団、幹事団、民主党県連、辻、水岡参議院事務所の皆さん、この激しい展開に機敏に対応してくれた事務所スタッフ、家族には頭があがらない。

またほんの30分の昼食の合間に、ママ仲間が元町に集結してくれたり、

街頭やいろいろ励ましてくれて、本当にありがとうございます!!

メールやお手紙、お返事が遅れてすみません。しっかり読んでおります。

がんばります!!

| コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »