« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月23日 (月)

We are オバマ世代!

ブログの更新もままならない忙しい日々だった。

15日、18日とつづけて、郵政民営化に関する公的私的勉強会に参加。

特に私的勉強会で行ったワタクシの地元でもある行きつけのお好み焼屋さん。

只今ダイエット中で「粉もん」は厳禁なのだが(目指せ「師匠」のおみ足!)、この日ばかりは「一時休戦」で、

久々においしかった。

「決戦が終わったら、L字に伸びたカウンターの鉄板に

この店のすべてのメニューを並べて食べつくそう!」

と参加者全員で(って3人)堅く誓いあうのであった。

切れ者テニスマンは「妻には見せられないブログ」を書いている、というので、

めちゃ気になって、必死で検索するも見つけられず。

アドレス、送ってくださいませ~。

16日には都市計画審議会。

大阪湾岸道路西伸部の都市計画にかかわる議案審査。

こうした時にいつも問題になるのが「住民説明会」である。

役所側は「誠意をもって、十分に説明をした」というが、

住民側は納得がいかない。

こうした住民説明会のあり方が、アリバイづくりのようになっている向きもあって、

これに限らず、もっと明確なルール作りが必要であると痛感する。

17日には産業労働常任委員会に少子対策特別委員会。

ここでも多子世帯応援のために県が鳴り物入りで実行したはずの3人目以上の保育料・幼稚園授業料支援のシステムが出来上がっていないことを知り、びっくり。

これは所得制限があるため、少子化対策としてはカギカッコつきの「対策」=「福祉施策」であるわけだが、

申請にあたってその「所得要件」についての調査が「個人情報」ゆえ、できないというが・・・。

周知徹底されていないがゆえに、知らずに援助を受けられない人が多くでそうな感じである。

小中学校の就学費援助と同じように申請する人もしない人も、文書を提出させるようにすればええんちゃうの?

と言っても、担当者は児童課なので、チンプンカンブン。

教育委員会のほうからの助け船も出たが・・・マスコミにも見出し入りで出た施策なのになあ。

お粗末である。

さて。

議会日程が入っていない日は、ひたすら「チケット売り」「後援会拡大行動」をしているのであるが。

2月20日にはパーティにも来てくれる福山哲郎参議院議員が来てくれ、大丸前、三宮センター街で街頭活動&後援者向けの講演会。

福山君は民主党の政策立案責任者の一人なので、話もわかりやすく、ぐぐっと来た。

講演している間も、ずっと携帯がなりっぱなし。政調会長代理、だもんなあ。

こんな政治情勢だから、なんだかこっちまで緊張するぞ。

終わった後は神戸空港から東京に帰る予定だったが、次の日の朝のテレビ「ウエークアップ」への出演依頼があり、そのまま関西に残ることに。

移動中に与太話。

「ちゃっぴー先輩、若いんですねえ。先輩だから僕より上かと思ったら、だいぶ若かったんですねえ」(by福山君)

「私もずっと後輩だから年下だと思っていたんだけど、福ちゃんのほうが上なんだよね~。何年生まれ?」(byワタクシ)

「37年です」(by福ちゃん)

・・と、いうことは・・・。47歳!オバマ大統領と同級生かーい??

しかし、実際、世界は、この世代がリードしているのである。

まじまじと福山君を見つめて、思った。

「Yes,we are オバマ世代!!日本こそ、チェンジ、じゃ!」

週末には辻泰弘参議院議員の「厚生労働委員長就任お祝いの会」、岡本梅まつり、神戸県民局の行事などなど。

公選法や政治資金規正法の勉強会もあり、党本部のみなさんのお話はためになった。

選対・我がコーチのS氏も登場。

副代表より地獄耳?

ってことで、今週は県議会の一週間。

「解散時期が微妙」ということで、ぼちぼちマスコミの取材も入ってきている。

がんばりどころ、ですわあ。

| コメント (0)

2009年2月13日 (金)

無我の境地?

水曜日が休日の週は、なんだか調子が狂う。

しかし、本当に日々が飛ぶように過ぎていき、

今年も12分の1以上終わり、もうすぐ6分の1終了と思うと・・・焦るなあ。

なんて、思いながら、あちこち歩いて事務所に帰ってきたら、

万歩計は2万3千歩!

「歩こう」と思っていたわけではないのに、いよいよ「無我の境地」に入ったということであろうか??

さて。

小泉元首相の発言で、政局は俄然、動きが活発化してくることであろう。

氏は定額給付に関する発言を「撤回」することはないだろうから、もし「3分の2」が使えないとなると・・・さあ、麻生総理はどんな「決断」をするのであろうか??

そもそも、いろんなところで「無理」のある政権であり、行き詰まりは目に見えていたのだが。

| コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

強面副代表シリーズ&島耕作、現る??

2月6日(土)

朝9時から某団体の親睦卓球大会へ。

試合が始まる前、ラケットを借りて、「っさーっ」と愛ちゃんばりに、横畑市議とお手合わせ。

靴下ばきでは踏ん張ぬものの、日頃のモヤモヤが飛んだ気がする。

卓球って、楽しい!

その後、某県人会関係の集まりに参加し、民主党県連常任幹事会出席のために中座させていただく。

そして、夕方。

そうです。神戸にお帰りになっていらっしゃる強面副代表との面談。

(漢字チェックは受けませんでしたが)

「あー、井戸さん、わしがいない間の活動を言ってみなさい」(by目をつぶり、なぜか両手の人差し指で○○=まるまるを頬に描く副代表)

「はっ、あれこれ、これこれ、こんなこともしました云々」(byワタクシ)

「わしのところに入っている情報ではだなあ、2回もアポイントメントをキャンセルしたらしいじゃないかっ!それも井戸さん、あんたの方から!!!」(by副代表)

ば、ばれていましたかああ。しかし、すごい情報網である。(いろいろ事情があったのだがああああ、なんて言い訳はいたしませんでした、というか、怖くてできまっせん)

「わしはだなあ、この選挙区は、なんとしても落とすことができないんですよ~。

厳しいんだよ、小選挙区は!わかってますかなあ~。

さあ、じゃあ、具体的にはだなあ~、今日からの行動をだなあ、いつどこでなにをしたかも含めて、その行動が価値あることなのかどうか、わしが見ますから、ちょっとレポートにして提出しなさいっ!!」

ひょえ~。めっちゃ、プレッシャーやん!

事務所を後にする時、ワタクシの手には

副代表の第一秘書O嬢から手渡された

「菊のご紋入り万歩計」(国会限定商品)がしっかりと握られていたのである。

目指せ議事堂?!

これって、もしや候補予定者必須の万歩計?

Sさーん、これ、選対から公認時に交付するってどうでしょう?

みんながんばるとおもいますがねえ~。

夜は大阪で松下政経塾関西在住の塾員(卒業生)塾生(現役生)と新旧塾長の会に参加。懐かしの面々や、先輩お歴々にお会いをし、楽しい時間を過ごした。

(って、ここでも「営業」をする。先輩&後輩のみなさーん、ご協力ありがとうございまーす!)

松下政経塾は今年30周年を迎える。

30周年の記念行事をどうするか、また今後の塾運営についてなどなど、活発な意見が。

参加者全員が短いスピーチをしたのだが、これがみな「小噺」状態で、面白い。

出席者は政治家以外も多いのだが、それぞれの分野で「格闘」していることがわかって勇気づけられたり、励まされたりする。

さて、新しく就任した塾長は、前パナソニックの副社長。

って・・・島耕作の世界??(広がる妄想)

PHPを2万部からたった数年で100万部にした、伝説のグループの一人だったそうな。

終了後、同期の市村代議士、畠中君、宮下先輩、夫プラスワタクシで語りあう。

新しい動きを、関西から起こしたいねと語り合う。

| コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

井戸まさえの飛翔を期す会

3月6日(金)午後6時~8時

民主党政調副会長、「朝ずばっ」でもおなじみの福山哲郎参議院議員をゲストに

「井戸まさえの飛翔を期す会」を開催いたします。

ということで、ここ数日はあちこちへのお声掛け等で、事務所もワタクシもバタバタ。

地方議員の先生方の事務所もてんやわんやで、お世話をおかけいたします。

政治資金パーティのたぐいは、県会議員をしている間は無縁だったのだが、

さすがに県庁所在地に事務所を構えると、かかるものが尋常でなく。

「チケット購入依頼」など、あえて不得意分野に進出しているわけだけど、

利権でなく志を共有するみなさまに広くご支援をいただけるのは、本当にありがたく、

新たな発見や、感謝の日々です。

********

ってことで。

今日、某国会議員事務所に寄ると、

昔のアイドルのカレンダーかとおぼしきものが、貼ってあった。

よーく目をこらしてみると・・・ぬわんとそれは・・・わが党所属議員のものではないかっ

「いいでしょ。大場久美子みたいで」(T氏)

「・・・・・・・」(唖然とする女性陣)

こんなファンがいるのを知ったら、喜ぶだろうなあ。

選挙区以外だけどね(笑)

| コメント (0)

2009年2月 3日 (火)

達成!&丸カブリ

日曜日は党本部から青年局長の藤末健三参議院議員が応援に入ってくださった。

「ケンちゃんと呼んでください!」(by藤末参議院議員)

かの東京大学で教鞭をとっていたとは思えない&若手ホープとしてNHKでも麻生総理と対峙したとはみえないほどの気さくさである。

民主党本部「コーチングゥ」のS氏も同乗し、灘、中央区を回った。

街宣終了後の夕方、我が「家庭教師」?山口つよし衆議院議員とご一緒に帰られるということで、待ち合わせ場所までお送りした。

「ちょっと寄ってく?」(by山口代議士)と、お誘いいただいたが、

丁重にお断り申し上げた。

このお2方の会話、めちゃ偏差値高そうだもの。

さて明けて月曜日。

S氏に「目標設定」された3万歩とは、どんなもんなのか。

ちょっとやってみようとおもい、中央区元町の事務所から東灘区の弓弦羽(ゆずるは)神社&綱敷天満神社までの往復遍路に挑戦!(22、3キロ)

往路は秘書オカダも参加して、ポスターを持ちながら。

四国八十八か所の歩きお遍路経験者セイゴ2等兵はスピーカーを持ちながら。

ワタクシはマイク片手に手を振りつつ。

昼間の時間帯なので、主婦層と遭遇することが多く、

東灘区に入ると「握手してください!」とか「写メール撮ってください」など言われることが俄然増え、なんだかとても勇気づけられた。

元町の事務所に戻り、万歩計を確認する。

2万7千歩・・・・。た、足りない!!

なぜかセイゴ2等兵の万歩計は3万2千歩を表示しているのに・・。

仕方がないので、元町をぷらぷらそぞろ歩き。

歩きつつ、この選挙区本当によかった、ありがたい、思う。

岡本もそうだけど、元町も路地裏が楽しい。北を向けば山があり、南を向けば海が見える。

学生時代を過ごした西荻窪や吉祥寺、政経塾のある茅ヶ崎もよい町だったけど、

神戸の、中央区、灘区、東灘区の過ごしやすさは、日本一だと思う!

なんて、思いながら、おそるおそる万歩計を見ると、30473歩!

S氏~、目標達成いたしました!!

って、もしかすると、こういう性格をわかっていて、いろいろコーチングしてくださっているのであろうか。

(横畑市議に報告すると、「なんだか意味あるのかどうかはわかんないけど、そういう所ってある意味尊敬するよね」と褒められ?ORあきれられた??)

さて、本日(2月3日)は節分。

楠公さん(湊川神社)の行事に参加させていただく。

豆まきには元ボクシング世界チャンピオン井岡氏が来ておられた。

すごい人と勢いで、ようやく、やっと1個の福豆ゲット。

豆まきって、こんなに、体力いるもんだったのね。

その後、お食事会に参加させていただき、浜本りつ子先生をお支えいただいたみなさまより、お励ましいただく。恵方まきを「丸カブリ」しつつ(笑)

明日は立春。

春は近いぞ、がんばろう!!

(インターン卒業生のみぽりん、がんばってる姿が目に浮かんで、励まされます!

みぽりんなら、絶対に大丈夫!!朗報を待っています♡)

| コメント (0)

2009年2月 1日 (日)

さん、まん、ぽ?!

この土日は、いつにも増して、、めまぐるしい日程。

1月最後の日の、夜8時半には

東京より民主党本部の選対担当者S氏が事務所来訪。

現状や課題をご相談させていただきながら、コーチングゥ、なのである。

最近の活動として

「歩いています!」と自信満々で語ったワタクシ。

「一日、どのぐらい?」(by選対S氏)

「1万五千歩前後でしょうか」(byワタクシ)

「そうね、まあ、さんまんぽ、だね」(by選対S氏)

「さ、さん、まん、ぽ???

・・って三万歩ぉ???・・一日で、ですかあ???」(のけぞるワタクシ&秘書オカダ)

「まあ、それが一日の限度でしょう(=ノルマ設定?)」(涼しいお顔でS氏)

限界まで、歩け・・・・ワタクシの限界は2万歩ぐらいで、3万歩は「ミッションインポッシブル」・・のような気もしますが、

「限界を設定しているのは自分。すべての思い込みをはずしてまず、やってみる。そうすれば意外に新たな世界が切り開かれる」と先日読んだジョブズ(アップルコンピュータ)VS松下幸之助(松下電器)~創立者対決にも書いてありました。

了解いたしました。自らの「限界」を取っ払いますわっ。

今回公認を受ける中で、「最も歩いた」人となるよう、

明日から、また、行脚の旅へと、歩みを進めさせていただきますっ。

んで。

「そうそう、ブログ、砕けすぎのときもあるって(ヒデキ?)、ご指摘受けたんですが、どんなもんですかねえ」

と相談すると、

「いや、井戸さんのブログ、ダントツに面白いよ~ん。他の候補予定者のって、無難すぎてつまんないから。今のままでよろしいんじゃないでしょうか」

党本部、お墨付き、もらった?(笑)

(あ、大丈夫です。節度は守るよう努力はいたしますのでT秘書、ご安心を♡)

「えっ、こんな時間?」(by秘書オカダ)というほど、あっという間に面談の時間は流れたわけだけど、

コーチング終了後、帰る車内で

「私たちとS氏って・・・たぶん、笑いのツボ、一緒ですよね~」(by秘書オカダ)

・・S氏。

「ようこそ、ちゃっぴーファミリーへ」(笑)

笑いのツボ・・・一緒の仕事、特にビッグプロジェクトを遂行する場合、

チームワークの核になる部分って、実はこの「笑いのツボ」なのではないか、と思っている。

先日も他党の某議員(今回の構図的にはVS)、

「なんだか、楽しそうだよね~。あんまり近づくと自分もまぜてもらいたくなっちゃいそうで、

抜けられなくなりそうだから、近づかないように努力しているんだよ~」と言われたのだが、

「和して笑う。笑って和す。」

たぶん、我が事務所の、それが勝利の方程式?!

ってことで。

今日も楽しく、元気に「歩く」ぞ!

三万歩!!!!

| コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »