« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

「野田さんの・・・」??

本日。

衆議院本会議で首班指名が行われ、野田新代表が内閣総理大臣に指名される予定です。

閣僚そして幹事長をはじめとする党人事に注目が集まります。

そんな中。

朝、宿舎を出て国会に向かう途中、声をかけられた。

「すいませ〜ん。○○新聞ですけど。

・・・『野田さんの奥さん』でらっしゃいますか?」

・・・。

残念ながらワタクシ、「どじょうの妻」ではありません、後輩ですが(笑)

さて。

紅いべべ着た「Mr.金魚」。

「金魚」は「金魚」で、イメージが先行し、本当の人柄が伝わらない、逆に「冷たいんじゃない?」などなど、それこそ「見た目」で判断されてしまうというジレンマがある。「金魚」と生まれた大変さを今回の代表選ではつくづく感じた次第である。

なので、外見だけでなく中身に関しても知っていただきたいとの思いも込めて、
「前原誠司 知られざる一面シリーズ」は今後も、ちょこちょこと続けていきたいと思います。

ってことで。

昨日は夕方から凌雲会の反省会があったのだが、
前原さんの強い希望で、メインテーブルに座ったのはお世話になった秘書さんたち。

私たち議員同様、以上に、秘書さんたちは残念だったと思う。

秘書さんたち一人一人と握手をし、写真を撮り、心からの感謝をする前原さん。


「ちゃっぴー、ちょっと、撮ってもらってもいい?実は事務所では、写真撮る機会がなんかなかなかなくて」

前原事務所の写真を撮らせていただきました〜。みなさん、いい表情しておられます!

細野大臣もいらしてくださって、濃い時間を過ごさせていただきました。

この笑顔が、ホントの前原さん!↓↓


Hosomae_2

写真は全議員秘書軍団との集合写真↓


2011_08290044


新しい時代の誠司を・・おっと政治を(本当に変換間違えっ笑)、一緒に作って参りましょう!!

| コメント (0)

2011年8月29日 (月)

両院議員総会

Mini_110829_14430001

両院議員総会にて、野田新代表が選出されました。

国民の皆様、党員サポーターの皆様のお声をいただきながら、
「前原誠司」を新代表/総理とすべく、がんばりましたが、力及ばず、大変申し訳ございません。

しかしながら、
この難局を野田、前原はもとより、闘った5人の候補者、そしてそれぞれの陣営を含め「ノーサイド」。

一丸となって、今から再出発です!

終了直後の前原さん。


Mini_110829_151600020001


Mini_110829_15540001

まこ秘書とともに3ショット。
誠司さん、おびえている??

Mini_110829_15530001

秘書女子軍団のみなさまも、お疲れさまでした。


そして、前原さん。

出馬してくれて本当にありがとう!

支えられずにごめんなさい。

でも。

いつの日か前原政権を作りたい。

これからもその夢を持ち続けます。

がんばろうね!!


| コメント (0)

いよいよ

Mini_110828_15510001

いよいよです。

昨夜も深夜まで一票でも多く「前原誠司」へと投票を呼びかけました。

前原さんのためではありません。

今、代表になること、総理になることは、
通常その職に求められる能力以上のものがなければなりません。

だから「前原誠司」なのです。

昨日の合同演説会。

「前原誠司」の推薦人となったことを、心から誇りに思った瞬間でした。

民主党兵庫県第1区総支部長、そして衆議院兵庫県第1区の代表として
日本のための1票を、多くの国民の皆様とともに投じたいと思ってます。

前原さん!
がんばろうね!!

| コメント (0)

2011年8月28日 (日)

前原誠司 知られざる一面シリーズ①

「前原誠司の知られざる一面シリーズ」①

みなさん、知らないでしょう?

実は・・

前原さん。

・・・ピアノが弾けます。

腕前は・・・中学校時代は合唱コンクールで伴奏をしたほどなのだあ〜。

ちなみに、その時の曲は「筑後川」。

伴奏したのは「河口」だと思うのだけど?(中学生ならここですよね)
今朝、ふと歌詞を検索したら、
「ダム」のパートの詞が目に入った。(ってか、『ダム』というのもシンクロかしらん?)

この詞に、「なぜ前原さんと一緒に闘うのか」を確認した思い。

団伊球磨先生&丸山豊先生、ありがとう!!

「筑後川 『ダム』」

いそいそと瀬を走り     
青葉をくぐり若葉をくぐり     
もだえてみぎに左にうねり     
愛の水かさがふくらんだところで     
非情のダムにせきとめられる。     
川よ     
愛の川よ     
もっと深さをもつように。     
もっと重さをもつように。     
もっと冷静であるように。 
    
 
不屈の決意をした青年です     
いのちがけで愛するために。     
見よ!水面に映したくれないの雲。 
       
あなたを信じます。     
あなたの愛を     
ごらん!魚たちの鰓呼吸のおだやかさ。     
川は     
大きな川は     
かがやく活路をさがしだす。     
自然に育てられた愛が     
筑後平野の     
百万の生活のなかへ     
歓喜の声をあげて走ってゆく。


*****

「不屈の決意」をした青年を
多くの仲間たちと「人類愛」を束ねて、支えて行きたいと思います。

| コメント (0)

2011年8月27日 (土)

Vote Maehara 特設ページ

今日は午後8時から、Vote Maeharaツイッター集会に出ます。

詳細はこちらで。
http://www.vote-maehara.net/

しかし。
党内の選挙はつらいね。

そんな中。
隣の選挙区石井としろう氏の行動はライバル陣営ながら、尊敬です!

芦屋、西宮のみなさん、彼は「信頼できる人」ですよん!!


| コメント (0)

2011年8月26日 (金)

前原誠司を応援する会

菅総理が代表を辞任。いよいよ代表選です。 ワタクシは何度もこのブログでも書いているように、菅政権については時間が経ってから評価されるのではないかと思っています。 心からお疲れさまでしたとお伝えしたいと思います。 過去2回の代表選で「がんばろうコール」をしたワタクシ。 今まで全勝、ということで、 「前原誠司を応援する会」にて「がんばろうコール」をさせていただきました!

2011_08260001_convert_2011082616250

2011_08260004_convert_2011082616230

被災地を始め、「今」前原誠司を必要としている人たちがいます。 未来を信じる国民とともに、闘って行きたいと思います!!

| コメント (0)

2011年8月24日 (水)

こどもたちの未来を守る勉強会

こどもたちの未来を守る勉強会で、先般仙台でお世話になった高橋聡美先生が国会においでくださり、 ご指導いただきました。 某氏からより、「名刺の写真がきれいすぎる。カメラマンの腕がよいっ!」とのご指摘が。

2011_08240001_convert_2011082417490

2011_08240003_convert_2011082417493

| コメント (0)

本日午後9時MBS(毎日放送)ラジオ「たねまきジャーナル」に生出演します

本日午後9時〜
MBS(毎日放送)ラジオ「たねまきジャーナル」に生出演します。

http://www.mbs1179.com/tane/

関西方面の方は1179に合わせてくださいませね!

前原さんの政策、素顔を語らせていただきます!

Mini_110823_18020001

昨日、会見前の前原さん。
一番前の真ん中に座ったので、この写真が一番近距離から撮ったものです。

今日は朝から外務委員会(原発関連)、凌雲会の会合、人権関連議連等。

今から、国会内で仙台でお世話になったグリーフケアの高橋聡美先生からヒアリング。楽しみです!

その後、松原仁衆議院議員のパーティ経由で、赤坂サカス・毎日放送東京本社へ伺い、上記ラジオに出演します!!


| コメント (0)

2011年8月23日 (火)

今、彼にしか出来ないこと

彼にしか出来ないことが、今、ある。

まず「鏡の中の自分から」始めたんだ!

| コメント (0)

2011年8月22日 (月)

不登校問題〜地道に政策やってます

大したことをしていないのに、疲れた一日だった。

朝、神戸の自宅から家族を駅に送って、その後上京。

夫は富山→岐阜への出張。

子どもたち(2、4、5番目)は姫路の実家。

1はアメフトの合宿でどこか?、3は仙台・・・ワタクシは東京なので、

我が家はただ今5箇所に分散している、ということになる。

上京後、 「子どもの権利条約WT」で、本日は不登校の問題を中心に文科省から説明を受けた。

・・地道に政策やっとります。

ワタクシのお隣は福田えりこ衆議院議員と、大河原参議院議員。

2011_08220015_convert_2011082218203

不登校には様々な原因があるが、ここ10数年、そのパーセンテージは全く変わっていない。

学校ばかりが学びの場とは限らないけれども、

様々な価値観や、人間関係の基礎を学ぶには、大事な環境とも言えるので、

「行きたくても行けない」のであれば、その阻害要因を取り除かなければならない。

その後、政局がらみの会合へ。

あさって水曜日にはMBSラジオ「たねまきジャーナル」(午後9時〜)に出演します。

関西の方々、是非聴いてくださいませね!!

| コメント (0)

2011年8月21日 (日)

「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」

昨日、怒濤の「盆踊り回り」を終えて帰宅。
家族の夕食場所だった岡本・来香の「納豆焼き」のお土産(とことん粉もん)を食した後、
「ゆっくりお風呂に入ろっ!」と思い、神戸・自宅の本棚を物色したら、
中島らもの「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」が目に飛び込んで来た。

Mini_110820_22460001


以前、このブログで、ワタクシが住んでいる「神戸・岡本」の町を最もよく描写している本のひとつに、らも夫人が書いたその名も「らも」をあげたことがあったのだが(保久良山の記述は秀逸!)
(ワタクシのブログの「検索キーワード」に「中島美代子」と出てて、びっくりした!ちなみに最近多いのは「マイ仏教」&「前原」がらみだよね)
湯船に浸かりつつこの本をめくってご本尊=らも氏ご自身が書いた「踏み/踏まれた町」の輪郭を、一緒に辿る。

うーむ、ワタクシもこの町に「踏み/踏まれ」しているなあ〜。

んで。
改めて読んでみたら、
あるページには「みうらじゅん」と「チャッピー」の文字が一緒にあったりして、なんだか怖っ!
こじつけだけど(笑)

「住吉の超能力者」なるすごいおばはんがいる(いた?)らしい(本文より)から、ちょっと視てもらいたいくらいやわあ(笑)

******

さて、本日は
雨が降ったりやんだりの一日@神戸で、
夏休みも終わりに近づいていることもあって、今日の後半は比較的ゆっくりと子どもたちと一緒に過ごす。

この子たちも、いつの日か、この町との格闘を思い出し、懐かしむ日が来るのかな?
そこに「おかん」はどのように絡んでくるんやろ?
まあ、「お笑いバージョン」担当だろうから、絡まんでええんやけど(笑)


| コメント (0)

2011年8月20日 (土)

任務終了!

東灘区に入り、よこはた市会議員、前田県会議員と合流!
井手前市会議員のご地元の盆踊り会場も回らせていただき、
本日の任務終了でございます。

Mini_110820_18440001

今回の震災での教訓も含め、
国、県、市が連携を緊密にしていかないと、解決できない課題が山積みです。

移動の車中では、地元でのヒアリングも含め一緒に勉強をしよう!という話で盛り上がりました。

能力の高い地方議員に恵まれて、本当に幸せです!!


| コメント (0)

盆踊り<後半戦>なう

Mini_110820_16250003

盆踊り<後半戦>に参戦中!

まずは皆様おなじみポートタワーの中央区「海の盆」からスタート!!


Mini_110820_16290001

我が故郷、被災地支援もさせていただきました!
牛タン一皿いただきまーす!

Mini_110820_16450002

と、大安亭市場(澤選手ご愛用商店街)の出店で
「ぼっかけ焼きそば食べてって〜」と。

今から「灘」「東灘」も回るんですけど。
そして・・・本山中央婦人会の「ちらし寿司」は必ず食べなければならないんですけど〜
といいつつ・・・「ぼっかけ」、うま〜いっ!!!!

雨が降って来たけど、がんばりまっす!!

| コメント (0)

2011年8月19日 (金)

ただ今特訓中!!

Mini_110819_20550001

神戸の自宅に着きました〜!

そしてもちろん、即、4番目の笛の特訓ですわあ〜!

2階ではおねーさんが5番目のピアニカの特訓中!

「眠いけど、がんばる〜」


Mini_110819_21040001

モジリアニがなぜか揺れているよね。もしかして、ジャンヌ・エビュテルヌよ・・・ウケてる?
ワタクシもだけど(笑)
子どもは真剣なんだから、笑っちゃ・・・ダメだけど、笑える!クックッ!!(笑)


| コメント (0)

Man In The Mirror

乗っていた新幹線が大雨で止まり、1時間近く遅れた車中で
佐渡裕の「僕が大人になったら」&ジェフリー・アーチャーの(笑)「15のわけあり小説」を読む。

佐渡裕・・エネルギー、すごすぎ!
彼はどの世界でも大切な才能として
「好奇心、探究心、勇気」の3つをあげている。
そして「仲間」の大切さも力説。

『友人なんて、まあせいぜい大学生までにできるものかと思っていたが、
それが意外に三十歳を超えてから、四十歳を迎えようとする最近にも、本当に多くの素晴らしい人に出会った。
彼らに共通することは「進化し続ける人たち」と言える。
彼らは会うたびに進化するのだけど、それでいて、子どもの頃の顔が想像できる人たちでもある』(byマエストロ)

そうなんだよね。
一緒に「いたずら」できる人〜それが「仲間」だよね!・・・みうらじゅんの「46歳児」は正しいぞ!(笑)
ワタクシも「会うたびに進化し続け」たい・・・あ、「太る」とかじゃなくてね(笑)

まあ、読めば読むほど、佐渡さんも「神様に愛されちゃっている」よね〜と思う。

「神様に愛された人」?!
・・・と言えば、やはりマイケル・ジャクソン!!でしょー!

ってことで、
今日の新幹線は目は文字を追いつつ、耳はマイケルという取り合わせであった。

その中で流れてきた「Man In The Mirror」を聴きつつ・・・
ふと、ある人のことが頭に浮び、

「時間はないかもだけど、iPod(←made by Chappy)でこの曲を聴いてね!」とメールを入れた。

鏡の中の自分に問いかけてみて!
世界をより良くするためには、どうしたらいいの?


**************

「Man In The Mirror」

I'm Gonna Make A Change
For Once In My Life
It's Gonna Feel Real Good
Gonna Make A Difference
Gonna Make It Right...

僕は変化を起こすんだ。
僕の人生で、一度きりのね。
さぞいい気分だろう。
違いを生み出すのさ。
正しいことをするんだよ。


As I, Turn Up The Collar On
My Favorite Winter Coat
This Wind Is Blowin' My Mind
I See The Kids In The Street
With Not Enough To Eat
Who Am I, To Be Blind?
Pretending Not To See Their Needs

お気に入りの冬のコートの
襟を立てても
風が心に吹き込んで来る
十分な食べ物もない
路上の子ども達を見て
見ないふりをする僕は何者なんだ?
助けが必要なのに気づかないふりをして。


A Summer's Disregard,
A Broken Bottle Top
And A One Man's Soul
They Follow Each Other On
The Wind Ya' Know
'Cause They Got Nowhere To Go
That's Why I Want You To Know


夏の忘れ物、
壊れた瓶の頭
そして孤独な人の魂
どれも風に吹かれ、
互いについて流されるだけ
彼らは自らの意志で行くあてがないから
だから知って欲しいんだ。


I'm Starting With The Man In The Mirror
I'm Asking Him To Change His Ways
And No Message Could Have Been Any Clearer
If You Wanna Make The World A Better Place
(If You Wanna Make The World A Better Place)
Take A Look At Yourself, And Then Make A Change
(Take A Look At Yourself, And Then Make A Change)
(Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah)

僕は鏡の中の自分から始めるよ。
鏡の彼に変われと言うんだ。
これより明確なメッセージは他にない。
世の中をより良い場所にしたいなら、
自分自身を見つめ、自分を変えることさ。
(自分自身を見つめ、自分を変えることさ。)
(Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah)

<・・・後略>

この気持ち、通じるかな?

| コメント (0)

東京駅、新幹線車内なう。雨で新幹線止まってます(涙)

東京駅なう。

さっきまで激しい雨のため東海道新幹線が止まっていました。

再開のお知らせがあって、ようやく車内に入ったと思ったら、
再度「新横浜ー小田原間」が激しい雨のため運転見合わせ、とのこと〜。

ジタバタしても仕方ないので・・

Mini_110819_12210001

アボガドサラダと崎陽軒のシュウマイ弁当で癒されたいと思います。

荷物がやたら重いと思ったら・・
読みたい本もごっそり持って来たから、いつ再開になっても大丈夫??


| コメント (0)

2011年8月18日 (木)

政局と離れて〜イギリスを学ぶ

David Fitton公使はじめ、英国大使館の方々と懇談させていただきました。

その折・・同席した某議員から、
「英国に関する知識が広い(政治ネタから映画まで〜)」と褒められたと思ったら、
「一部のミーハーな知識だけだけどねっ」と隣の選挙区の議員よりご指摘が。

・・・確かに。
ワタクシの英国に関する知識の多くのネタ本はジェフリー・アーチャー。
「チャーチル」は「孫文」と並ぶマイアイドルだったりして、確かに「ミーハー」かもしれんなあ。

でも。
やはりイギリスの味わい深さは、「歴史」「文学」や「演劇」(映画)、「ロック」(笑)を「感じて」からこそのものと思っております。

ミーハー心、万歳?!

しかし。
本日、国会近辺での話は政局がらみばかりだったので、
こうして英国議会の実情も含めた中身のある議論をさせていただく時間は、とても貴重で、有意義でした!
特に「ねじれ」ている国会情勢の中で、さまざまな「学び」を得ることが出来たと思います。

しかし・・驚くのは。
公使も大使館員の方々も、日本語が完璧!

最近心を入れ替えて、iPodに時事英語なんぞを入れて「一夜漬け」したつもりだったのだが、
全く心配いらなかったよね。

英国大使館の皆様、ありがとうございました!


| コメント (0)

政局、他

朝。

凌雲会(いわゆる前原・枝野グループ)の会合に出席。
本日は代表選を目前にした意見交換会だったのだが、
この会ではいつもおとなしい?ワタクシだが、
今日は発言をさせていただいた。

「井戸ちゃん、ナイスプレイ!」

終了後、幾人かの方に同じ言葉で声をかけられた。

うむ。
程度の差はあれ、誰もが「同じ思い」なんだな、と実感した。

この国を「立て直し」「前に進めるために」
ベストな選択とは何なのか、誰なのかを見極めなければならない。

全ての行動の原点はそこにある。

その後
「子どもたちの未来を守るネットワーク」コア会議に出席。

その後「こころのケア」関連のリサーチ活動を行う。

夕方からは、英国大使館にご招待いただき晩餐会。

これまた激動の欧州政治・経済情勢についての意見交換ができればと思っている。


| コメント (0)

New Best Friends と「性犯罪被害にあうということ」

大人になってよかった、と思うことのひとつに、

性別も、年齢も、肩書きも・・すべてを超えて、
「本当に話の合う」というか、
「笑いのツボが一緒の人びとと『真の友情』を育むことが出来る」ということがある。

P1000391

本日はそうした友人たちが六本木ヒルズ上の「スカイアクアリウム」へ職務上の視察があるというので、行ったことがなかったワタクシもまこ秘書とともにご一緒させていただいた。

P1000397

な、なんじゃこれは〜っ!

・・・というくらい、「水槽好き」な方々っているのね。

東京タワーの夜景を背景に、魚そっちのけで
「ロンドン暴動」から「サンタマリアノッベーラ」(イタリアの修道院が作る石けん等)まで、幅広い話題で盛り上がる私たち。

刺激の多い会話。

出会いは一瞬だけど、そんな中で「一生の友だちになりうる」と見抜いた自分の嗅覚を、褒めてあげたいよね(笑)

さて。

「刺激」と言えば、本日も一冊の本を紹介したい。

「性犯罪被害にあうということ」(小林美佳著)


この「性犯罪被害にあうということ」は24歳で性犯罪被害にあった著者が、勇気を持って実名と顔を出し、被害者の心境をありのままに記したノンフィクションである。

衝撃的である。

彼女の場合、犯人はいまも、誰だかわからない。

やり場のない怒りの中で、家族や恋人との関係もこじれて行く。

しかし、彼女は好きな小説が映画化され、主人公が言う台詞
「自分自身が、この世で見たいと思う変化になりなさい」
に決断する。

「考え、求めることがあるなら、ただ求めるものではなく、自分でその求めるものを、求めることをしなくては。そう思って、私なりのできることを見つけて、これからも続けて行くつもり」と。

そして小林さんは被害体験者として性被害者の声を聴く活動を始める。すでに3千人以上の声を聴いて来た。
たぶん、中には年少で「児童ポルノ」の被害者事例もあるであろう。

先般「児童ポルノ法」に対する議員提案による改正法案が民主、自公からそれぞれ出されたことは先日も書いたが。

民主党内のWTの中で、何度か「当事者の現状把握や、被害者救済等に関して諸外国の法令等の比較もしてみるべきだ」と発言したが、
議論は「単純所持禁止」か「取得に対する罰則規定」か、や、「アニメ等に対して」の扱いがメインで(もちろんそれは大事な視点で、中心的課題でもあるが)
結果的にその前提として、
「当事者」の声を直接に聴く機会はなく(日本ユニセフさん等支援組織にはヒアリングしたものの)、
「児童ポルノ」で被害にあう子どもたちの存在は、少し遠いところにあったのではないか、というのが正直なところの私の実感でもあったのだが、

この本を読んで、「当事者」の声の重さを感じるとともに、「やらねばならぬこと」を改めて教えられた気がする。

| コメント (0)

2011年8月16日 (火)

10年前と「まさか」

Byoudouinn

丁度10年前の写真。
友人たちと「大人の修学旅行」と称し、京都を旅した時の一枚。
宇治の平等院にて。

その時のブログに、こう書いている。

『人生を動かす一番の原動力は「ノリ」だと思う』

・・・その思い、今も変わってないよね(笑)

そして、今ここにいる10年後の自分。

「まさか」と思っていた離婚や、再婚での関西移住。+2の出産や、
業界とオサラバできてサバサバしていた政治との関係が復活。
今振り返ると恐ろしいけど、後半6年の間に4回も選挙をした!(おいお〜い!)
一方では、「思わぬ」裁判闘争や、
怒り覚めやらず&ワタクシたち家族を救う判例を作ってくれていた見ず知らずの京都の女性への感謝の気持ちを込めつつめちゃめちゃ地味に活動していた772問題が、ある日突然ブレイク。
ニュースやワイドショーに「見る側」ではなく「出演」したり、
新聞のインタビュー記事が法科大学院の試験問題にもなったりした(笑)

「まさか」や「思わぬ」は全てあの日の「ノリ」から始まったことである。

さて、その「まさか」だが。

ここ数日、普段できない大量読書をしているワタクシなのだが、
その中の1冊に『「通貨」を知れば世界が読める』by浜矩子さんがある。震災後2ヶ月半目に書かれた本である。
「大河ドラマ」仕立てになっていて?面白いのだが、その中にかのシャーロックホームズ先生(浜さんがそう読んでいる)の名言を引いた印象的な一文が。

「すべての不可能なことを除去したのちに残った答えは、それがいかにありえなさそうに見えても、結局は正しい答えである」

つまり「今の時代ほど、『まさか』が禁句の時代もないように思える。むしろ『まさか』と思うようなことこそ、必ず起こるとすら言えるかもしれない」ということだ。

なんだか妙に納得させられましたわ〜、浜先生!

未来は、自分の想像力の範疇の中にはないのだ。(ろうな、きっと)

| コメント (0)

2011年8月15日 (月)

終戦の日に

毎年。

この日が来るたびに、
中学1年生の夏を思い出す。

「雲の墓標」(阿川弘之著)。

この小説を読んだ日から、
「戦争」と「平和」を考えるようになった。

以来、30数年。

今、世界では戦争はなくなっていないし、テロも横行している。

日本だけでなく世界中の、
さまざまな思いを胸に空に消えて行った若者たちの死を決して無駄にしてはならない。

戦争を起こさず、また巻き込まれず。

それが政治家の役割のひとつであることを自覚しながら、心静かにこの日を過ごしたいと思う。

早朝6時50分。東京駅に着いた夜行バス。


Mini_110815_06590001

にぎやかな彼女たちの笑い声が、
永遠に続きますように。

青空に祈る。

| コメント (0)

2011年8月14日 (日)

若者の内向き志向〜百聞は一見に如かず作戦?

若者の内向き志向が指摘されて久しい。

我が家は外国の方との交流も比較的にある方だと思うが、
それでも子どもたちは「留学?面倒くさい。日本がいい、楽だから」って感じで、内向きバリバリである。

2番目なんぞはその典型的例?であり、
将来の夢は「某大学に行って、某保育園の保育士になること」である。

ちなみに「某大学」も「某保育園」も、自宅から歩いて15分(!)

「神戸愛」はわかるが、
おいおい、一生、神戸・岡本圏内で過ごすつもりなの?
大学くらいは外行こうよ〜と言っても、「暖簾に腕押し」状態であった。

ってことで。作戦変更?

この夏休み、カナダへとぶち込みました〜。

そして今日が帰国日。

成田空港に迎えに行くと、

娘が一緒に行った仲間とハグして別れを惜しんでいるではないか〜。

腕には日本語、英語、韓国語、中国語で書かれたメッセージ。


Mini_110814_15140001

「絶対また行く!留学も考えたいっ!」(by娘)


Mini_110814_15010002

東京や北海道など、全国各地から来ていた仲間ともいろんな話をして、
同世代の子が人生のいろんな選択肢を選び、生き始めていることを「知った」ことは、
彼女の中では大きな出来事だったのだと思う。

「ブラジル人とか、メキシコ人はめちゃフレンドリー。すごくすごく楽しかった〜!ロシア人もいてね・・・」
話は尽きず。ワールドワイドな人間観察もできたようで、よかった。

「百聞は一見に如かず」作戦、成功?

・・・が。
明日には心が変わるかも〜。

なにせ、今日の夜行バスで神戸の友人たちが東京にやって来る。

ジャニーズのコンサートを見に(笑)

合流して我が家に泊まって、
コンサート後にはまた夜行バスで戻るんだけど、この少女たちのエネルギーって本当にすごい!!
おばはんは、行きも帰りも夜行バスだったら、肝心のジャニーズのコンサートでの体力、持ちませんわあ〜。

でもでも。
もはや自分には出来ないそんな「無茶」をする彼女たちを見るのが、ワタクシは好きだ。

笑うようなことじゃないのに笑えちゃう・・・まさに「箸が転げても笑える」あの時代のなんと楽しかったこと!

夜行バスの到着を、今か今かと待っているのは、実は娘よりもワタクシだったりして??(笑)

まあ、「内向き志向」など心配には当たらないのかもしれないね。このパワーはきっかけさえあれば、容易にベクトルをかえることが出来る、柔軟なものでもあると思うから。

さて、一方。

16日から(もちろんワタクシ抜きで)韓国に行くはずだった夫と下2人は・・。
昨日「パスポートの有効期限切れ」に気づき、出国不可に!!

が、幸か不幸か?出発日の変更が可能だったらしく、数日後に「行く」ことにはなったのだが、
いやはや、ホント、ハプニングが多い我が家である。

| コメント (0)

2011年8月12日 (金)

次の段階へ

昨日、特例公債が衆議院を通過し、政治は次の段階へと向かう。

いろいろと雑音も多い中、
この国の危機的状況に対し、ひるまず闘える胆力を持った人を次のリーダーに選んで行きたい。

今日のお昼は「一の会」のメンバーとともに、官邸で総理とご一緒した。

総理の、予算委員会であれ、こうした小さな会合であれ、
真摯に答えようとする姿勢は、他の政治家にはあまり見られないものだ。

いずれ菅政権については、震災の対応も含めて、歴史が評価を下す時が来ると思うが、
たぶん、今とは随分と違ったものになるのではないかと、話を聞きながら思った。

さて。

今日の夕方、東京に滞在していた子どもたちが神戸へ旅立ち、
我が家の「夏」も次の段階へ入った。

昨日には仙台で暮らす3番目も合流。宿舎の「男子率」が高まる。

ということで、男の子が多い家庭独特かもだけど、今日の朝食は「餅」であった。

夏でも「餅」、とにかく「腹持ち重視」(笑)

Mini_110811_14550001

「北の国から」で涙を誘った?我が3番目Kジローも、中学1年生。

今日は国会事務所にて、インターンの押田少年にお世話になりました。

これぞ、我が事務所伝統の「子育て研修」??でございます。

| コメント (0)

2011年8月11日 (木)

国会見学〜甲南大学法学部のみなさんと

地元神戸市東灘区にある

甲南大学法学部 田中ゼミの方々が国会見学にいらっしゃいました。

2011_08100025_convert_2011081113120

3年生ということは、20、21、22歳ぐらい??

この皆さんの中から、明日の法曹界/政界を担う人材が生まれるといいな。

一緒にがんばりましょう!!

| コメント (0)

2011年8月10日 (水)

子どもと巡る歴史学習ツアー(鎌倉編)

ってことで。

鎌倉へ歴史学習ツアーに行って参りました。

Mini_110810_12400001

まずは藤沢から江の電に乗り「極楽寺」へ。
鎌倉と言えば〜・・ってことで、
ワタクシは「乱舞の会」のユニフォームでゴー!!(←すいません、わかる人にしかわからないネタで・・笑)

Mini_110810_12460001

おっと、「言霊」?
「ミホトケをヒモトケ」って・・・座布団1枚っ!(笑)

途中、稲村ケ崎で海も。


Mini_110810_13060002

そして、長谷寺へ。(写真を撮り忘れた〜残念!!)

「しらす丼」の昼食をとり、栄養補給の後、

鎌倉と言えば、もちろん!!これでしょう!!


Mini_110810_14310001

お、重いっ!(って、大仏を持ち上げているつもりのキッズ)

Mini_110810_15020001

円覚寺は夫は30年前、ワタクシは23年前に「修行した場所」


Mini_110810_15130001

みんな憶えている?
ここで朝の掃除をしたよね〜!!

Mini_110810_15240001

そして最後は東慶寺。
「おいおい、縁切寺だぞ〜」(BY夫)

悪い縁とはさよならして、いい縁と出会えますように。

・・というか、ココ来ると落ち着く〜。
ココにもみんなといたよねって感じかあ??(笑)


Mini_110810_15310001

井戸と井戸キッズ(笑)

家に帰って来たら・・・もちろん勉強でーす。

Mini_110810_17380001

本当は、このコースに「鶴岡八幡宮」を入れれば完璧なコースなのだが、
仕事の予定もあって今日はここまで!

鎌倉時代の学習、十分出来たかな??

| コメント (0)

子どもの視点

東京の我が家に来たことがある人なら、
無駄に?座布団がいっぱいあることにお気づきであろう。

一所にまとめておいてあるのだが、
子どもたちがなにやらゴソゴソ。

「面白いこと言うから、『座布団一枚っ』って言って〜」と。

Mini_110810_06530001

「大喜利ごっこ」?
わたしゃ、三遊亭円楽か〜いっ(古っ?最近見ていないのですんません)
もしくは山田君?

しかし。
こんな座布団の使い方があるなんて、思いもしなかった。
ってことで、このネタ、次回の会合では使わせていただこうと思う。

昨日は法務委員会。
そして、一期生の女性議員による「こどもの未来を守るネットワーク」での
被災地3県での「こども復興会議」等の報告。
子どもたちが描いた「絵」を見せてもらった。子どもたちの視点ってすごい。
この日は渡辺周震災ボランティア室長も同席してくださったが、引き続き、こうした活動を続けて行きたいと思う。

法務委員会では児童ポルノ改正案について与党案、野党案の趣旨説明が行われた。

委員会の前、早めに着席したので、目を閉じて静か〜にiPodを聴いていたら、
時間差で着席した江田法務大臣から声がかかった。

「音楽を聴いている姿は、まるで御仏のようだよ〜。何を聴いていたの?」

み、みほとけ??

・・・耳の奥で鳴り響いているのはSPEEDであるなんて、とてもとても言えず(笑)

しかし。
確かにiPodを聴いている時は、すっかり「自分をなくし」、
全く別の世界へと誘われているような。
例えれば「座禅」をしている状態?

歌声をなぞりながら、歌詞の意味を考えるときもあれば、
そらんじられるけど詞の意味まで考えない時もある。

お経のようなものなのかもな〜(特に外国曲・・笑)


| コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

夏の課題曲

子どもたちの夏休みの宿題に「音楽」がある。
小3の4番目は「笛」。
課題曲は「ボレロ」だ。

・・・と思ていたら、「ボラーレ」だった!!(←麒麟端麗生の曲です。全然違うやん!!笑)
担当の先生に指摘してもらって、初めて気がついたよね〜(汗)

この「ボラーレ」、最初と最後は簡単?なんだけど、途中めちゃめちゃ難しくなる。
これが吹けたら、自信つくだろうなあ。

さて。

その4番目が「バンドを組みたい」と願望していた件は以前のブログでも書いたが、
車の中でワタクシが聴いている曲に対しての反応を見ていたら、
こやつ、本当に「ロック魂」があるのかもしれん、と思い始めた。

なぜ、クイーンでこんなに興奮する〜??

子どもだと思って来たので、聴く曲も配慮してきたけど、
意外に彼らはホンモノを聴き分ける力を持っているんだよね。

ってことで、
我が家のこの夏の課題曲には

「We will rock you」と「We are the Champions」が加わりました。

完璧に歌えるよう、鍛えようと思いま〜す。

Mini_110808_12410001

ってことで、ただ今、移動中。
新幹線N700系&さくらのお弁当をゲットして、ご機嫌。
2時間40分、持つといいのですが〜。

| コメント (0)

2011年8月 7日 (日)

盆踊りなう

Mini_110807_183500010001

がんばっとります!

今日は不覚にも目印の「ピンクジャケット」を忘れてしまったのだが、
こんなときは、
昨年、小沢ガールズの岡本英子衆議院議員にお土産でもらったストールが大活躍です!

| コメント (0)

大切な場所はどこに?

今日は5番目が「本スポ」(正式名「本山スポーツ&カルチャー」=超地元ネタ)の水泳教室の検定試験があるので、
午前中〜昼過ぎまでは久々の「ママタイム」である。

「うわっ!すごい!感激っ!!」

その息子。

朝ご飯を出したところ、泣き出さんばかりの興奮ぶりで「おいしい」といってくれたんだけど、
・・・中身は「塩昆布」だったよね(笑)

さて。

3月11日に地震が起こって、まもなくパソコンが壊れてAirMacに換えたわけだけど、
新しいパソコンについては、夫が見ることはあまりなかった。

昨日、「パソコン貸して〜」というので、貸したら
「ぎょっ!」とその驚きが、耳横から「吹き出し」に入って聞こえてきたよね。

原因はスクリーンセーバーの画像。

Mini_110708_19330001

「夫の知らないワタクシ」がそこにいた〜(豹豹豹 笑)
(facebookでは公開済みですが。隣の「お揃いTシャツ1000円成り」を着ている友人は、
「ほんの木」柴田さんの事務所での先輩あずねー(日本人)で〜す)

さて、その夫に、先般「マイ仏教」を強制布教したところ、
「ママの勧める本や映画は、決まって、全然面白くないよね〜。まっ、『52歳児』は面白かったけど」とかわいくないことを言われ、
お返しかどうかわからないけど「なぎさホテル」(by伊集院静)を渡された。

伊集院静。

私生活を小説にしているのか、小説が私生活になるのかわからないのだが、
ワタクシの周りにも「信者」は意外に多くて、驚くことがある。

んで。
ページを読んで、また驚いた。

養育費、ちゃんと払ってたんだ〜!!

自分の生活が成り立たなくなるほど、苦しみつつも養育費を送り続ける静。

っつか。一緒に暮らしている親なら当然なことだから、苦しくても文句言っちゃだめだろーよ、と突っ込み入れたくなりつつも。

今、現在、我が国で養育費を受給できている子はたった17%だという驚愕の数字を鑑みれば、
身の程以上の額を支払い続けるという「男の美学」を貫いた伊集院静は、
「すんばらしい」と賞賛したくなるよね。

ワタクシはこの受給率を17%をせめて50%以上、金額も妥当な額にしたいと思っているのだが、今国会で成立した「法」の部分だけでなく、マインドの転換も必要なんだろうな。伊集院静に学ぶよね。

話は変わるようで、つながる?のだが。

ワタクシの後天的「兄」であるパタゴンから、毎週1回メールマガジンが来る。
今週のタイトルは「大切な場所はどこに」というものだった。
(このメルマガ、某代議士も「めちゃめちゃ楽しみにしている」と中毒性を認めています。ワタクシも日曜日の朝、たいてい同じ時間帯に来るんだけど、来ないと「むかつく」ぐらい(笑)ご希望の方は布教担当のワタクシまでご連絡ください♡)

懐かしい曲を聴いた時や、ドライブ中に車窓からふと見える風景、
そして肌にしみ込んでくる季節の香りなどなど、

ある時、ふと、思いもがけない瞬間に、
タイムスリップして、自分にとってかけがえのない「大切な場所」に連れて行かれることってありますよね。

「なぎさホテル」はそんな場所なんだろうね。
(「豹柄お揃いTシャツ」も?笑)

・・「青春ノイローゼ」かもだけど(笑)

その場所は場所として貯金しつつ。

ワタクシたちは日々、次なる「大切な場所候補地」に暮らしている、ということでもあるかもしれない。

「大切な場所はここかも」と思うと、落書きの壁も、なにげない会話も、なんだか「貴重」に思えるから不思議だ。

今日の「本スポ」もそのひとつかぁ??(笑)

行ってまいります!


| コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

地元密着!

この週末は地元で。各地で行われている盆踊りへ。

おなじみ!横畑市会議員とご一緒させていただきました。


Mini_110806_19490002

踊りつつ?子ども手当の説明なども。


Mini_110806_195200010001

夏が過ぎて行きます。


| コメント (0)

2011年8月 5日 (金)

三村代議士&まさ×3ガールズ〜ひとときのやすらぎタイム

今日のお昼。

開かれるはずの本会議が流れ、
同僚の三村和也代議士&奥様、ワタクシとまこ秘書と
久々にランチをしました。


Mini_110805_12020001


三村代議士とは待ち合わせもしていないのに、いつもバッタリ!!という、
不思議な縁でつながっております。(って、柚木代議士と一緒かあ〜??)

その上、「まみちゃん」と呼ばれている奥様の、本当の名前は「まさみ」。

「まさえ」「まさこ」「まさと」(←って、入れるよね 笑)と、「まさまさ」が大集結で、
大安売り状態な我が事務所なのだが、

「まさに」今日のランチは三村代議士以外はみーんな「まさちゃん」だったよね!

ちなみに今日のメニューはヘルシーコリアン。

ワタクシはいつもの「スンドゥプチゲ」、700円なり〜。

いつも女子の間じゃ「食べる早さは誰にも負けない」と思って来たけど、
・・・負けた。
三村嫁、見た目のかわいさとは裏腹に、いつ食べたかもわからないほど、早いっ!!
チゲも、アイスクリームも。
んで。話をいろいろ聞いているうちに、ある種の「予感」が。

「もしかして、まみちゃんの血液型って・・」

ワタクシの目に狂いはなかったよね(笑)

こんな奥さん、ワタクシも欲しいわあ〜。

| コメント (0)

「子ども手当」は廃止じゃないのだ〜

午前中、玄葉政調会長・大臣も同席しての
民主党「子ども・男女共同参画調査会」「厚生労働部門会議」合同の会議がありました。

本日の議題はもちろん「子ども手当」で、玄葉大臣から自民・公明両党との「3党合意」について詳細に説明がありました。

昨日、今日と新聞等では
「子ども手当廃止へ」とか「児童手当復活」という見出しが並びましたが、
内容をよくよく見てみれば、あれ?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今まで1万3000円だった手当が、0〜3歳、第3子は1万5000円に増えているぞ。

そうなんです。

今回の「所得制限」についても、基本の1万円の給付はないけれども、
「財政上」「税制上」の措置を行う、となっているので、
「全くゼロ」ではありません。

つまり、
給付額について「一律」ではなくなったけれども、
広く、より重点的な配分をしていくという形で、
民主党の理念でもあった「社会全体で子どもの育ちを支える」ということは維持された、とも言えます。

今回の「合意」がなければ、元の「児童手当」に戻る、ということ。
となると・・

       子ども手当  合意内容  児童手当

0〜3歳   1万3千円  1万5千円  1万円
第三子    1万3千円  1万5千円  1万円
4〜小学生  1万3千円  1万円    5千円
中学生    1万3千円  1万円    なし

所得制限   なし     960万円 860万円
              (9千円程度?)
(ただし、合意内容には財政、税制上の措置を行うのでゼロではない=だいたい9千円程度を想定)

というわけで、
今回の「児童手当」に戻る、ということを回避するための「合意」だったわけで、
「児童手当」に戻るわけではないのです。

もちろん、前回も書いたが、所得制限を設けて一律支給ができなくなった点等は、
残念であるが、それでもこの法律が通れば「恒常的に」子ども手当(名前は変わるかもだが)が支給される、ということは、子育て中、そしてこれから子を産み育てる人びとにとっては、
大きな前進であるとも言えます。

しかし。
もう。「子ども」関連予算を「政争の具」とすることはやめにしなければ、とつくづく思う。

10月〜3月までは、現行の「子ども手当」が支給されるが、その後については所得制限にかかった世帯への支給内容等々、まだまだ「つめなければ」ならないことが山積みです。

同じことが繰り返されないよう、しっかりと声をあげていきたいと思います!!

| コメント (0)

永遠の上司

昨日、東京で行われた「こうべの集い」に参加した。

「どう?元気?」と一番に声を掛けてくださったのは〜

・・・高柳弘元東洋経済新報社会長。
ワタクシの元上司、である。

会長の趣味?は写真で、ワタクシたちの入社式のときはもちろんのこと、
株価が急上昇したり、その逆の日などなど、歴史的な日々のつれづれを
パチリと写真に収めている。「写るんです」で。

会長はいつも「撮る側」なので、写真に写ることが滅多にない。
なので、「せっかくですからご一緒に!」ということで、
隣にいた会長のお知り合いにシャッターを押していただいた。

・・・って、鈴木晶Jリーグ名誉会長だったよね〜。

「今、どの委員会?」(by会長)
「法務で〜す」(byワタクシ)
「随分、地味なとこやっているんだな〜。経済やらなきゃ〜。経済行きなさいよ」(by会長)

東洋経済の同期も、編集長も卒業しちゃう世代となり、
もはや経営陣となる年齢だ。

「今の社長は、僕から数えて5代目。僕の5代前が石橋湛山(元総理大臣)」(by会長)

・・・実はワタクシ、その「石橋湛山」以来の東洋経済出身衆議院議員だったりする(笑)

これもなにかの啓示?
次の委員会は経済関連に行こうかなあ〜なんて、
帰る道々考えたりした。

その前に「高橋亀吉賞」(経済論壇の芥川賞)を狙うべき?
(↑ちなみに、夫も、元夫も、東電OLも!受賞している)

我が「永遠の上司」高柳会長、示唆に富む時間をありがとうございました〜!!


| コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

打てるセッター??

実はこのブログは、ツイッターとfacebookに連動している。
さっき「子ども手当」と緒方林太郎氏のブログの話をアップしたところ、
多方面から早速反応があり〜。

「サンフランシスコに『カヤック』て、どうよ〜」

・・・みんな、緒方君のブログを読んでくれて、ありがとう!!
ここに「響いて」くれるとは、さすが「違いのわかる」ワタクシの友だちだわ〜うれしいよ!!

で。

ハタと!悟ってしまった!!

ワタクシにとっては、
自分のことより、面白い人のこと紹介して、みんなが共感してくれるってのが「幸せ実感タ〜イム」なんだ、ということに!!

も、もしやそれってポジションで言えば「セッター」ってことか〜??
確かにトスを上げて、スパイクを打ってもらって得点取る方がなんだか生き生き動けるような〜。

そうか。
この間書いた「本の布教活動」ってのも、実はこの辺のマインドにつながっているのかも。
(←自己分析で勝手に納得!)
ってことで。
これからの人生は「天職」?を意識して生きようと思う。
目指せ「猫田」?(古っ)
いや、「(たまには自分でも笑いのネタを提供する)打てるセッター嶋岡」か〜(これまたミュンヘン、古っ)笑

ってことで、これからも目ざとく皆さんの「発信」をチェックし、ポイントがとれる鋭いアタッカーの方々のネタをどんどん「布教活動」していこうと思っていま〜す。

おがりんも引き続き笑えるブログ、よろしくね〜!

***********

話題は変わるが。

先日、石巻に行った時、
中学生のみんなと
「大人になったらどこに住みたいか」という話になった。

「ロンドン!!!!絶対ロンドン!!!!!ホームズがいるもん!!!」

と、科学部部長の女子は、
英国大使館員が聞いたら泣いて喜びそうなことを?
本当に夢いっぱいの、飛び切りの笑顔で言ってくれた。

実はうちの3番目(中1)もどうやら同じらしく、
昨日やって来た姉からの家計簿には
「シャーロックホームズ『四つの署名』」とかいくつかの単行本名の領収書があったが、
イチイチ買うのが面倒くさくなったのか、
しまいには「シャーロックホームズ全集」を購入していた(笑)

シャーロック・ホームズ・・・今、ブームなの?

いずれにせよ、息子の行為は
なんだか、最近「みうらじゅん」をアマゾンで「大人買い」してしまった凝り性の自分と重なるようで、
ああ、DNAって怖いわよねって思ったりした。

ちなみに、うちの3番目は「北の国から」の純君(吉岡秀隆)にくりそつで、ちと薄幸そうだったりする(笑)

さて。

そんなわけで、最近は
あこがれの津村啓介議員が津村節子の「紅梅」を読んでいるその時、
私はみうらじゅんの「青春ノイローゼ」を読んでいたりしたわけだが、
みうらじゅんの言う「青春ノイローゼ」とは
「青春期が醒めやらず、いや諦め切れず、いつでも『あの頃』に帰れると思っている中年」としている。

facebookなどで、過去の友人たちを発見してつながったりする作業も、
実は「青春ノイローゼ」なのかも〜。

って、これは
古今東西、世界どこに住もうとも、人種も、貧富の差も関係なく等しくかかる病か〜?

「子(M師)曰く」のカウントの仕方で言えば
あくまで45歳は「45歳児」、52歳は「52歳児」と考えれば、
健全な発達のような気がしたりもするけどね。


| コメント (0)

子ども手当について

子ども手当。

さまざまに議論のあった政策であるが、
少なくとも以前の児童手当に比べれば、量も質も大きな利点があったものである。
一部養子にした多数の外国人への支給や、児童養護施設の子どもたちには支給されない等の制度的欠点は過去の児童手当が包含していたもので、子ども手当の支給に伴い改善されてきたものでもあった。

所得制限を設けるについて受け入れることは、民主党にとっては大きな決断である。
しかしこれは前回の参議院選挙を受けて、衆参で「ねじれ」が起きていることでの結果であり、
ある意味民意の反映であるとも思っている。

どの政党が政権を取ろうが、
その時の政治状況が今回と同じような構図になる可能性はきわめて高い。
その際は、子ども手当に限らず、その政党の目玉政策であっても、選挙の結果一方の院で過半数をとったとしても、
修正や撤回等々を求められることが多くなって行くであろう。

国民にとっては「わかりにくい」かもしれないが、
実はとても「わかりやすい」ことであると思う。

衆参両院で過半数を取らなければ、約束したこと(の多く)は果たすことができないのである。

***********

さて、話は変わるが。

ワタクシが常日頃から、緒方林太郎代議士の「ブログファン」であることは公言しているのだが、
今回もまた、シビレました?!

http://rinta.jp/blog/entry-10974228825.html

林ちゃん、一体、どぼしてそんなことに遭遇(発見?)するんかなあ〜。


| コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

黒柳徹子さん

ユニセフ議連の会合で親善大使の黒柳徹子さんのお話を伺いました

27年間前、徹子さんが活動を始めた頃、
世界では年間1400万人の子どもたちが死亡していました。
徹子さんをはじめとするユニセフの活動等によりワクチン接種や衛生状況の改善で810万人に減っていますが、まだまだ助けを必要としている子どもたちは世界中に沢山います。

東日本大震災、ハイチ、アフガニスタン、ソマリア等
心身の危機にさらされている子どもたちの現状に着いて、
徹子さんらしい「子ども目線」からのお言葉で報告してくださいました。

Mini_110803_12380002


| コメント (0)

命の意味〜「こどもふっこう(復興)会議」in石巻&仙台

民主党の09年衆議院選初当選&10年参議院選初当選の女性議員でつくる
「子どもたちの未来を守る女性議員ネットワーク」の活動の一環として
「こどもふっこう(復興)会議」を石巻市、仙台市で開催しました。

石巻市では中学生の皆さんに、
震災時から今に至る中で感じたこと、考えたことを中心にお話をいただきました。

率直な、そして鋭い指摘。
「現場」に行くことの大切さをつくづく感じました。

最後にみんなで「絵」を描きました。
私は♡に羽をつけた絵の周りに桜の花を散らした絵を描きました。
「Love is All」「思いが伝わりますように」
そんなメッセージも書きました。

前回、石巻に行った時は桜の季節でした。
ひらひらと舞い落ちた桜の花びらを押し花にして、今、宿舎に飾っています。

これからはその桜を見るたびに、石巻の中学生の笑顔も思い出すと思います。
「楽しかった〜!」とヒアリングのあとに行ってくれたみんな、ありがとう!!

仙台市では仙台青葉短期大学にて、
大切な人を失った方々のケア〜グリーフケアを教えていらっしゃる高橋聡美先生と、
看護学科の生徒さんにお話を伺いました。

発病や自殺を防ぐためには、
「こころのケア」では網羅できない方々へのケアが必要です。

今回の震災/津波の被害でも、
兄弟を失った子どもたちや、近しい人は亡くなっていないものの、ご遺体の中をかき分けて避難所へ向かった子どもたちなどのケアはほとんどされていません。

中長期的なケアの必要性と重要性をつくづく感じさせられました。

看護師を目指す学生さんたちの美しさにも、心を打たれました。
内面から放たれる柔らかな清らかな光。

「人の役に立ちたい」「命の大切さを伝えて行きたい」

石巻の中学生の皆さんも、仙台の短大生の方々も、
大変な経験を経たにも関わらず、「人のために生きたい」とおっしゃいました。

「命」本来の意味を教えてもらった気がします。

(詳細レポートは山尾、中林、和嶋議員とともに、近日中にアップいたします)

| コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »