« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月17日 (火)

国際的な子の奪取の民事面に関する条約(ハーグ条約)について

ハーグ条約をめぐり、ネット上で事実無根の誹謗中傷が行われていることから、見解を明らかにすることにしました。

 

 ハーグ条約については、ドメスティック・バイオレンス(DV)に苦しむ母親などから、子どもを連れ帰った状況などを伺い、当初、DVなどに配慮のない条約批准については慎重に考えておりました。

その後、民主党ハーグ条約検討小委員会を立ち上げ、懸念される問題や多くの課題について議論を重ね、また、在日米軍基地を抱える沖縄の問題や、批准しないことによる問題などにも接してきたことから、政府の条約批准に向けた取り組みについては、与党として理解と協力をしてきたところです。国会審議においても、批准後の課題やハーグ事案がスムーズに解決することを求め質問をしております。

ところが、ネット上ではハーグ条約反対議員としてレッテルを張り、事実に反する誹謗や中傷が繰り広げられております。本人だけでなく家族などへも心無い言葉が投げかけられ、非常に残念に思います。また、ハーグ条約を取り上げた番組での発言の真意も理解しないまま、言葉尻だけを挙げ、議員活動の妨害ともいえる過激な行動が行われていることについては、大変遺憾に思っております。 

                                                        衆議院議員 井戸まさえ

 

Statement on the Hague Convention on the Civil Aspects of 

International Child Abduction (the Hague Convention)

 

As false accusations were seen on certain websites in regard to my comment on the Hague Convention, I decided to express my views on the Convention.

 

Having heard from mothers suffered from domestic violence about circumstances under which they brought their children to Japan, I took a cautious stance in the beginning about Japan ratifying the Hague Convention.

 

Then, I, together with fellow Diet members, set up the subcommittee on the Hague Convention within the Democratic Party of Japan where we discussed issues of concern and numerous challenges pertaining to the Convention. In addition, I have been engaged in the issues related to Okinawa which has the U.S. military bases, and the problems raised by the fact that Japan has not ratified the Convention. Since then, as a member of the ruling party, I have understood and cooperated with the efforts the Japanese government has made toward the ratification of the Convention. During Diet deliberations, I asked questions so that the issues which might occur after the ratification of the Convention and cases under the Convention will be resolved smoothly.

 

However, throughout the internet, I was labeled as an opponent of the Hague Convention and became a target of abuse. Furthermore, I am hurt by harsh words not only against me but also against my family. It is also very regrettable that in reaction to the Australian TV program which ran a report on the Hague Convention, taking my words out of context without understanding my real intent, radical behavior was shown which can be regarded as an obstruction of my activities as a Diet member.

 

Member of the House of Representatives

 

Masae Ido

 

 

 

| コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

男女共同参画懇談会・・・6月22日でしたが・・・

もう1週間以上前になりますが・・・ステキなツーショットconfidentなので、アップしておきます!

ちなみに・・・野中さんは男女共同参画社会基本法ができた時の官房長官です。

by tida

197773_330567413689377_2052042690_n

| コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »