« フジテレビFNNスピーク | トップページ | 「統一地方選挙前夜の上西議員報道」 »

2015年3月30日 (月)

日本司法書士会主催「無戸籍者問題を考える〜私を証明出来ない私たち」

2月28日、日本司法書士会主催「無戸籍者問題を考える〜私を証明出来ない私たち」に当事者たちと一緒にゲストスピーカーとして参加した。

今までいろいろなシンポジウムに出て来たが、会場がこんなに泣いたのを見たのは初めてだ。
本山敦立命館大学教授のお話は、
家族法の根幹の部分を徹底的に議論することが、逆にそれが結果的に何も生まないのではないかという危惧もあり、学者の皆さんも含めて結局小手先で対応して来たこと。そしてそのツケを、何の瑕疵もない子どもたちが背負わされるという理不尽をつくづくと考える内容だった。
無戸籍当事者のふたり。
過酷な日々の暗闇から絞り出すように話す言葉の重みは、会場の誰もが感じたと思う。
そして、南和行弁護士。
泣けた。講演もパネルディスカッションも本当に素晴らしいのひと言だった。
当事者、そして当事者の家族の苦悩を誰よりも理解した上で、
法廷にて正義を実現するために闘って来た経験を、会場の全ての人が共有出来るよう言語化してくれた。その能力には感服だ。
午後1時から5時半、4時間半に渡るシンポジウムを企画し、実現してくれたのは司法書士の森田みさ先生、小澤吉徳先生、そして鮮やかな仕切りをしてくださった伊見真希先生をはじめ、志ある司法書士さんたちだ。
これだけ長時間のシンポジウムも初めてで、会場の皆さんが寝てしまったらどうしようと思っていたけれども、本当に実りのある時間を過ごさせていただいた。
日本司法書士会の皆様には、心から感謝いたします。

12491_799641416781972_3888644048399


« フジテレビFNNスピーク | トップページ | 「統一地方選挙前夜の上西議員報道」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。