« 続・厳しすぎる弱視高齢者に対する介護保険認定 | トップページ | 我が国における下水道と水洗トイレ普及率 »

2015年5月 2日 (土)

「政治ジャーナリスト」を見分ける術

我が古巣の東洋経済オンラインの記事について、松田公太参議院議員が「憶測記事である」として鵜呑みにしないよう注意を促している。

http://blogos.com/article/111358/
政治業界周辺で仕事をするジャーナリストやライターの質を見分けるには、当然ながら、まずは「経歴」を見ることであるが、ここにひとつのポイントがある。
「国会議員秘書」「国会議員政策秘書」と書いて誰の秘書だったかを書かない人については、ちょっと慎重に見た方が良いと思う。
これは秘書に限らず、政治家もそうなんだけど(笑)
当然ながら、それを書くことが自分にとって「マイナス」だと思うから書かない。政治的中立性を保ちたい、という意図があるとしても、例えばどの雑誌に寄稿しているかとかを見れば、ある程度の「傾向」はわかるもの。
当時の働きぶり他がわかるといやなのだろうかな。
この記事が「憶測記事」かどうかはわからないが、人のことを書くなら、まずは自分のことも書いておけ、だよね。
その覚悟がなくて書いている記事には、有益な情報があるとは思えない。
業界生活30年の実感だ。


« 続・厳しすぎる弱視高齢者に対する介護保険認定 | トップページ | 我が国における下水道と水洗トイレ普及率 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。