« 香山さん問題についての危惧 | トップページ | 『火花』と政治 »

2015年5月31日 (日)

明治維新を支えた「キラキラネーム」

「和子」「和江」「和美」「和男」「和永」「和行」「浩和」・・・。
『キラキラネーム』の台頭とともに、消えたのは「和」さんキッズたち。
平和な時代が続き、少子化もあいまって、一生に一度か、二度の命名機会となるかもしれない時、親の思いをどんな文字を使って、何を託するのか・・「平和」への思いという、その子どもたちが育つ世界のあるべき姿より、言葉の響き重視で、その子個人の人生にフォーカスして、使いたい漢字をめいっぱい欲張って盛り込んでみる・・。
しかし・・・読めん(笑)

『キラキラネームの大研究』(伊東ひろみ著・新潮新書)を読む。
この本では最近の「キラキラネーム」の増加傾向について、その背景と、また歴史的考察も加えながらわかりやすく解説している。

「キラキラネーム」はここ最近の傾向のように言われるが、
実は、戦国武将だって、キラキラネーム。しかもつけ放題。「by myself」でさ(笑)
また、明治期の「キラキラ」ぶり&「当て字」満載ぶりもすごい。
通称と実名を使い分けていた彼らも、1871年(明治4年)に戸籍法が制定され、翌年所謂「壬申戸籍」が作成、この過程で今まで許して来ていた通称・実名の両方使用を「一つに統一しろ」と言う太政官布告が出される。
つまり、名前の世界でも「明治維新」が起こるのだ。
いや、逆で、実はこの「壬申戸籍」こそが「明治維新」を支えたものだったということがよくわかる。


最近、明治の文献ばかり読んでいて、そこで出会う人々(笑)の名前が読めなくて苦労していたんだけど・・なるほど、そうなんだよね。
「一氏一名」、そして戸主を筆頭とする戸籍が作られることで、維新は成し遂げられて行く。

・・うわあ、この本の先にあること、書きたいなあ!!!

22_2


« 香山さん問題についての危惧 | トップページ | 『火花』と政治 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。