« 無戸籍の子、経済難深刻、未就学は7人―文科省調査をうけて | トップページ | 母乳のネット販売   »

2015年7月 9日 (木)

「無戸籍 今も救い待つ」  文科省未就学児童他調査を受けて各紙に取り上げていただいています

「無戸籍 今も救い待つ」 
朝日新聞の見出しです。
まさにこのひと言。
赤ちゃんから成人無戸籍児まで、このひとときも救いを求めている人々が沢山います。
「登録される」という簡単で単純なことなのに、なぜここまでこじれるのか。
こじれた先で待つ過酷さを文科省が詳細に調査してくれています。
そして何より無戸籍未就学児童の数は「氷山の一角にすぎない」と。
一刻も早い全面解決に向けて、さらにがんばって行こうと思っています。
(朝日新聞には「家族の会」の連絡先も書いてあります。無戸籍で悩んでいる当事者、そして家族のみなさん、いつでも待っています!)
11036084_849691105110336_2989548399

11403378_849648691781244_6590022277


« 無戸籍の子、経済難深刻、未就学は7人―文科省調査をうけて | トップページ | 母乳のネット販売   »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。