« 3重行政? 「財産区」と地方政治 | トップページ | プラカードは「解散」に!〜安全保障関連法案 委員会可決見込みを受けて »

2015年7月13日 (月)

「まがいモノ」と「便乗商法」

最近、気になったニュース。

人気ブランドのデザインを盗用し販売した通販会社経営者らが逮捕された。
実際比べてみても、ほとんどわからない。
功名かつ狡猾、悪質である。
さて、これだけでなく、最近友人たちのFBには「まがいモノ」をつかまされた、とか「便乗商法」に騙された、という記載が目に付く。
あるところにコメントしたことを、断りも、引用もなく別の人がさもインタビューしたかのように使用していたケースもある。
かく言うワタクシも最近そんなこんなに巻き込まれて、ちょっとぐったり。
「まがいモノ」は「ホンモノ」そっくりにつくっているようだけど、もちろん本物ではないし、つかまされた人々の苦情は「ホンモノ」にやってくるので、どこでどう悪事を働いているかは「ホンモノ」手に取るようにわかる。
しかし、冒頭の通販会社で逮捕された商品企画リーダーは「まねしていない」と容疑を否認しているという。
こういう輩だからこそ、平然と「カット&ペースト」ができるんだよね。
あまりに「堂々としている」ため、よもや「まがいモノ」とは判断しかねるのだろうが、特に情報伝達を行う立場のマスコミの方や、オピニオンリーダーの方はようよう気をつけてほしい。
はい、利用されないように。
しかーし。わかんない人にはわからないんだよね〜。
あとで赤っ恥をかかないためにも、よくよく調べてくださいね〜!!!


« 3重行政? 「財産区」と地方政治 | トップページ | プラカードは「解散」に!〜安全保障関連法案 委員会可決見込みを受けて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。