« アベーロード@国会議事堂前 | トップページ | 紋切型社会と背骨 »

2015年7月16日 (木)

隣の「安倍政権」

実は日々を送る中で「まるで安倍政権」かと思う場面と対峙することって結構ある、ということを友人と話す。

「人の話を聞いたようなふりして『強行採決』っすわ〜」
わかるーーー。確かになあ。
もちろん、今回の安保法制の舵切りの重みは日常の比ではないのだが、そうしたことの積み重ねの先に今があるような気もする。


« アベーロード@国会議事堂前 | トップページ | 紋切型社会と背骨 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。