« 見果てぬ夢〜『未完の6月』 | トップページ | 政治家と「失言」 »

2015年8月 4日 (火)

成人無戸籍者が初めて「学校」に行った日〜シンポジウム@早稲田大学を終えて

8月2日(日)早稲田大学にて『無戸籍・嫡出推定・再婚禁止を考える』シンポジウムを行いました。

当事者4名、支援団体、弁護士、学者、そして市民の皆さんが一同に介した画期的な会合となりました。
当事者のうち2人は小学校にも中学校にも行っていません。
「生れて初めて学校に入ったのが、大学なんて」と。
この日が本当に「初めての学校」だったのです。
早稲田大学で開催できたことにも大きな意味があったと思います。
「弱者のための法律家たれ」という「早稲田大学建学の母」小野梓氏の話を引きながら最後を締めてくださった法学部長さんの言葉は感動的でした!

そして。
水野紀子先生、二宮周平先生、棚村政行先生と、我が国の親子法の権威のお歴々が揃われ、ご意見を伺うことが出来ました。
これを機会に議論を恐れず、あるべき法改正に向けてのプラットホームが作れたら、いや作るらねばと新たな決意をいたしました。
もしかしたら、明治民法制定以来、最大のチャンスが来ているかもしれないのだから。

若手弁護士さん、そしてボランティアの皆様にはお支えいただきありがとうございました!!


« 見果てぬ夢〜『未完の6月』 | トップページ | 政治家と「失言」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。