« 安保法制可決とそのプロセスを見て | トップページ | 鴻池祥肇氏が畏れるもの »

2015年9月19日 (土)

「参政権」をまるごと、とことん行使しよう!

さて。
ここからが「民主主義」の本番である。
「参政権の行使」である。
参政権の代表は「選挙権」と「被選挙権」である。
「選挙権」とは選挙に行って、自分の思う個人や政党に投票をするという行為に留まらない、とワタクシは思っている。
 自分の一票に加えて、違う誰かの一票、そしてまた一票と積み重ねていこうとする行為もまた「選挙権」である。
 実はそここそは、この国の「参政権」の中でないがしろにされてきた部分でもある。
 選挙にかかわる人々は特殊な人だと思われがちだ。利権、地域のしばり、もしくは金銭でつながった人々が「欲」という共通目的のために寄って騒ぐ、というような、どこか排他的なイメージもついて回る。
 しかしワタクシはそうであると思わない。「選挙」は、そしてそれにつながる「政治活動」こそが「民主主義の学校」だと思う。(地方自治が「民主主義の学校」というのがイマイチピンとこなかったりする)

そこで、皆さんに呼びかけたい。
どの政治家でもいい。ほんの数日でもいい、どこかの事務所で何かを手伝ってみてほしい。保守だろうがリベラルだろうが、そこには次への活動のヒントが詰まっているはずだ。
むしろ、主義主張が違う政党や候補者の方が勉強になるかもしれない。私自身も自民党さんでお世話になった時代の経験が、本当に血肉になっていると思っている。

ワタクシの事務所ももちろんウエルカムだ。
本格的に活動を始動するにあたり、ボランティア大募集。
ただ…かなりキツいと思います(笑)

でも、全て見せます。
ワタクシが30年間培ってきたモノを。
政治という業界そのものを。
本当はそれこそ「シェア」すべきものだったんだよね。

ご興味ある方はメッセージ他でお知らせください。
場所は東京4区。大田区の蒲田・大森地区になります!

「参政権」を丸ごと、とことん行使しよう!!


« 安保法制可決とそのプロセスを見て | トップページ | 鴻池祥肇氏が畏れるもの »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。